子供の自転車を盗まれたとき、かわりにやってきたもの。

SNSフォローボタン

4年ほどまえ、子供の自転車が盗まれました。

アパートの階段下に置いていて、施錠はしていませんでした。

その自転車は娘が3年くらい乗っていた小さめの自転車で、息子が乗りはじめるんじゃないかと、夫がスプレーで黒く塗っていました。

正直なところ、盗まれるほどのいい自転車ではありません。

夫がサドルに黒くスプレーをしたので、べたべたしていたのを覚えています。

スポンサーリンク

盗まれて失ったタイミングで得たもの

子供用ペダルなし自転車を解体

わたしにしてみたら、サドルはべたべたしているし、あんな自転車をよく持っていたなァ、という気持ちでした。

ぼろい自転車だったし、捨てたと思ってもいいのですが、アパートの敷地内、奥まった階段の下に置いてあったのをわざわざ持っていかれた、というのが薄気味悪くて、ですね。

というのも、その階段の下へ行くには、うちの玄関ドアのまえを通るんです。

そう考えると、ほうっておけないと思って盗難届を出すことにしました。

小さい自転車でしたが、防犯登録もしてありましたし。

若いおまわりさんがやってきて、実況見分というのかな、お話をして、盗難届を出しました。

それから1週間たたないうちに、おなじアパートの別棟に住むAちゃんのおじいちゃんがやってきました。

そして、うちの息子につかってほしい、と新品のストライダー(ランニングバイクとかいろいろないい方があるみたいですが、ペダルなしの自転車のこと)をくれたのです。

びっくりしました。

いままであいさつをするていどの間柄で、子供同士は遊んでいたけれど、もののやりとりはなかったのです。

(いわゆる、こんなのです↓)

仮説ですが。

おそらくそのストライダーは、離婚してはなれて暮らすAちゃんのパパが、Aちゃんにくれたものだと思うのです。

でも、離婚した相手からもらったものを、Aちゃんのママはこころよく思わなくて、Aちゃんに使わせなかった。

新品のまま、色あせた箱に入ったストライダー。

たまたま水色だったことがさいわいして、息子のところにまわってきたんじゃないかなー、と。

そんな、ゲスのかんぐりです。

古い自転車が盗まれて、新品のストライダーがやってきたこと。

なくしたものを惜しまずにいたから、もっとよいものが入ってきたとかいうことなのか。

なんともふしぎなことでした。

Aちゃんのおじいちゃんが、どんな理由でストライダーくれたのか、ほんとうのところはわかりませんが、息子にとってはうれしいプレゼントでした。

その後、息子はストライダーに夢中になり、上手に乗りこなせるようになりました。

おかげで自転車もすんなり乗れるようになったのです。

さて、そんなストライダーも、不燃ゴミ袋に入るほどの大きさに解体しました。

かつては3輪車もハイスパイマンで解体したのです。

いま息子は、娘が2台目に乗った自転車を使っています。

盗まれた自転車が見つかったという連絡は、いまだにありません。

ではまたー。

トップへ戻る