春休みの女子中学生の話し相手は母親しかいないというのでしょうか。

SNSフォローボタン

今日も、娘と3時間くらい話していました。

昨日は夜の2時間。

中学校でのできごと、悩みなどなど、話はつきない女子中学生です。ハー

昨日は天候が悪かったために、友達との約束が中止になって、ひまだったのでしょう。

そして今日は、お昼の朝ごはんについて、40代母のチクチク説教からのダラーリ3時間です。

スポンサーリンク

お昼に朝ごはん、いっしょに昼ごはん

おにぎりイメージ

お昼近くに起きてきて、朝ごはんを催促し、なおかつ昼ごはんも食べようというのか、食べなくてもいいじゃないかッ、というのが40代母の主張です。

もういいよ、まとめて朝昼ごはんにしてくれ、と思うのです。

しかし、食べ盛りの女子中学生は、昼近くに食べても、お昼ご飯はわたしといっしょに食べるし、「今日のおやつなに?」とたずねてくるのです。

いやいや、そんなにカロリー消費してないよね? だが食べる。

でも、中学校では給食を減らすことがあるっていってたよね?

いったい中学校では、いつもどれだけ食べているのです? ナゾ。

中学校の給食でいちばん嫌いなもの

さて、娘の嫌いな給食トップはシシャモです。

時点でゆで玉子。

娘はあるとき、中学校の給食における嫌いな食べものアンケートに「シシャモ」と書いたのだそうです。

シシャモ、ゆで玉子、あとなにか野菜。

そして、アンケート結果が発表されました。

娘のかよう中学校の、給食でいちばん嫌いなもの第1位は「さかな」でした。

娘のシシャモも、どうやら「さかな」の中にカウントされたらしいです。

アンケート結果を受けて、学校給食では「みんなが給食を残さないように、さかなはあまり出さないようにしますね♪」というのじゃなくてー。

「さかなにはカルシウムやビタミンが豊富だから、みなさんきちんと食べましょうね」というためになる説明が書いてあったそうです。イミネー

娘は、シシャモ以外のさかなだったら食べるのに、といいます。

じっさいには、シシャモではなく、シャペリンですけどね。

娘の話だと、味付けや調理法のちがうシシャモが、なんどもくり返し出るのだそうです。

みんなが残すからこそ、いろいろ試行錯誤しているんじゃないかなー。

娘は2匹のシシャモのうち、1匹を食缶にもどして(食べるまえに減らすのは先生に認められている)、皿に残した1匹を4分の1くらい、がんばって食べているらしい。

娘のことをきらっている某男子生徒は、シシャモを2匹とも食缶にもどしてしまうらしく、娘はその某男子生徒よりはがんばりたいのかもしれないー。

いまのところ娘は、どんな味のシシャモでも、においをかぐとシシャモとわかるくらい、きらいなんだって。

そんな娘の新学期、2年生のクラス替えへの希望は、給食を減らすか残すかを認めてくれる先生。

仲のいい友達がいること。

娘をきらう某男子生徒がいないこと。

そんなところらしいです。

ではまたー。

トップへ戻る