掃除しやすい部屋にしたい、という目的があるから床置きをやめたいのです。

SNSフォローボタン

いままで生きてきた中で、いちばん掃除機を使っていたとき。

それは夫が単身赴任していて、わたし1人が2DKで暮らしていたときです。

あの頃は毎日、掃除機をかけていました。

だって、床の上にモノが散らかってなかったから!

テレビ台、3段ボックス、コタツテーブル、座布団だけ。

隣の寝室はベッドだけ。

キッチンはスチールラックと食器棚だけ。

しかし、もうあの頃に帰ることはできない、いまや4人家族です。

スポンサーリンク

夫は床置きが好き

かごイメージ

夫は床にモノ置きます。

すみっこに並べておけば、大丈夫だよね、みたいな。

だったら自分で掃除機かけてみなよ、床にモノがあるって、大変なんだからねッ。

と、意気込んだA型40代妻でしたが、O型40代夫の掃除に目を見張りました。

そう、O型40代夫は、四角い部屋のモノをよけながら丸く掃除する派だったのです。

O型40代夫の主張「丸く掃除するとしても、掃除しないよりはマシ」

A型40代妻の希望「掃除するときはできるかぎりモノをどかして掃除したい」

わたしの場合、完璧を理想として、けっきょく実行できなくてほこりまみれなるパターン。

完璧なんてものはない、完璧を目指そうとして実行するまえから挫折すんな、と自分にいい聞かせて掃除機です。

6畳間にコタツはきつい

そうですね、断捨離したことによってモノの量が減って、週3くらいは掃除機がかけられます。

先日、コタツを片づけたのがよい効果を生んでいます。

なんというか、やっぱり、コタツ布団のようなものがあると、掃除しづらいー。

6畳間にコタツがあると4分の1くらいがコタツです。

まー、なにをどう考えても、モノがないほうが掃除しやすいに決まっています。

あたたかくなってつくづくよかったなァ、と思うのはこんなときです。

ではまたー。

トップへ戻る