なにもしないまま過ごせるなら、なにもしたくはないですよ。(ムダ毛話)

SNSフォローボタン

毛深い40代母です。

とうぜん中2娘は毛深い。

この夏は、中2娘のムダ毛をちまちまと家庭用脱毛器で脱毛している40代母、家庭内エステシャンです。

気分はエステシャン。

そのくらい思ってないと、とてもやってられない地道な作業です。

スポンサーリンク

家庭用脱毛器ケノン活躍中

40代のムダ毛、ケノン、光脱毛

この夏は、中2娘にケノンを使っております。

中学生に脱毛器なんて! と非難するならすればいいのさ。

毛深さの悩みを知らん人には、わからんのです。

40代母の決定的なムダ毛事件は、小2のときの担任教師からの指摘でした。

まー、あれがなくても、自分のムダ毛が濃いのはうすうす気づきましたよ。

だって、じっさい、毛深いんだから。

中2娘も小学生時代にはくり返し指摘されたそうです。

中学生になってからは、面と向かっていわれることはなくなったらしい。

そして、中2娘がムダ毛を剃りはじめた今春。

「剃らないほうがいいのに」

と友達の1人からいわれたそうです。

なんでそんなこというんだろうねェ、と中2娘にいったのですが。

どうやら、「剃らないほうがいいのに」といった友達は、「剃ってはいけない」と親からいわれているのだそうです。

だからその友達は、中2娘にそーいうことをいったみたい、です。

いやー、わたしなんて、中2娘に「さっさと剃ったほうがいいよォ」と軽い口調でいいつづけたのにな。

それでも中2娘は、肌にカミソリの刃をあてるのをこわがって、なかなかムダ毛を剃れなかったのにな。

やれやれ、毛深さと縁遠い人がうらやましい。

そりゃあね、剃らなくてすむなら、剃らなくていいですよ。

自然そのまま、ナチュラルな、ありのままの手足を公衆の面前に抵抗なくさらせるなんて、うらやましいかぎりですよ、と。

そーんなわけでこの夏は、40代母が清水買いした家庭用脱毛器ケノンで、中2娘のムダ毛脱毛に取りかかりました。

中2娘の場合、友達とあそびに行くから、剃ってしまいます。

光脱毛器を使うなら、剃らずにムダ毛を伸ばしていなきゃいけないんですけど。

とはいえ、剃らずにはいられないわけですから、脱毛中だから剃るな、とはいえません。

それでも、中2娘が「足に生えてこない場所ができた!」とおどろきの報告をしたから、効果は出てきています。

気長に、家庭内脱毛していきますよ。

ではまたー。

トップへ戻る