見て見ぬふりの場所は思いのほかよごれていました。

SNSフォローボタン

イスのうえに立って見たら、こんなに汚れていたんだ、と気づいてしまった先日。

角度的にわたし(150センチ)には見えない場所ですが、たぶん夫(185センチ)には見えているにちがいない。

いや、見える見えないに関係なく、掃除しておくほうが後ろめたくない。

掃除をしてない後ろめたさから解放されたい、と思っている40代主婦です。

スポンサーリンク

キッチンの油汚れ

断捨離、キッチン、棚

ココです、ココ。

こういう場所って、ふつうの主婦はどのくらいの間隔で掃除するのですか?

毎日ですか、そうですか。

調理する、ササッとふく。

そういう感覚なのでありましょうか。

ガス台に近い棚の左側は、写真のとおり油でベッタリでした。

日々の積みかさね、油汚れの積みかさね。

ふつうの掃除感覚がよくわからないズボラ主婦の身としては、ベッタリしてからの掃除が習慣になってしまっています。

今回は思いきって棚をはずして、ガシガシ洗いました。

断捨離、キッチン、棚

スッキリです。

これが本来のステンレスのかがやき。

ガス台のある左側と、流し台の上の右側で、棚の汚れがずいぶん違いました。

油汚れって、すごくたまります。

あと、カルキの白。

棚の上に濡れた洗いものを置いて、ポタポタと水をたらしていたから、棚にカルキがついていました。

油汚れはともかく、カルキの白い汚れはふくだけで簡単に落ちました。

こびりついていなかった、ということでしょうか。

このところの掃除のおかげで、キッチンが明るく見えます。

ステンレスをみがくと、変わります。

家族は気がつかないとしても、あきらかにちがうのです。

これ、ぜったいに、キッチンが明るくなってるから!

と、思うの。

ではまたー。

トップへ戻る