寝るまえに、パンクマさんのアイドル活動をする、30分以上する。

SNSフォローボタン

小4息子は、ぬいぐるみ男子です。

7月あたりから、小4息子はなんとなく、ふたたびぬいぐるみと眠るようになったのでした。

それは、おそらく不安から。

夜に、ちょっと大きな地震があって、そのとき、新聞にまた近いうちに大きい地震があるかも説が書いてあって、そんなことを小4息子に話したりして。

それで、だと思います。

首都圏住まいなので、首都圏直下型地震がくるくるいわれている、と知った小4息子はますます不安になったぽいんです、よね。

※以下、夫相手にしか話すことのできない、ぬいぐるみ男子によるぬいぐるみの家庭内アイドル活動について、です。

スポンサーリンク

パンクマ、アイドル活動

ぬいぐるみ男子

これが、ぬいぐるみだけどアイドル活動をしているパンクマさんです。

わが家の、ごく内輪の話なわけですが。

小4息子には5歳時の誕生日プレゼントのリラックマがいます。

そのリラックマは、パンダの着ぐるみを着ているから「パンクマ」と呼ばれています。

そのパンクマさんが、この夏、アイドル活動を始めたんですよ。

さいきんだとパンクマさんは、監督をしていたんですよね。

監督をしていて、ほかのぬいぐるみたちみんなに飛びげりをかましていました。

小学校が夏休みに入ってからは、パンクマさんはこんせんくんカーに乗って行商というんですかね、個人宅にいろいろなモノを売り歩く活動をしていました。

(という、ぬいぐるみ遊びを小4男子がおこなっているわけですなぁ)

そして、ある日の晩から、パンクマさんのアイドル活動が始まったのです。

パンクマさんのアイドル活動の中心は、握手会です。

パンクマさんはファンのみんなと握手をして、ちょっとだけお話をします。

「ふぅ」

「つかれたな」

と、パンクマさんは近所のカフェで、パンとコーヒーで休憩をします。

「もぐもぐ、もぐもぐ」

そんな様子をカフェのバイトさんが見ていて、「かわいい~」「でもお仕事だからサインはもらえない~」ともだえています。

そんなのどかなパンクマさんのアイドル生活に、パパラッチが登場します。

でも小4息子はパパッチを知らないので、勝手に写真を撮ってアイドル記事を書く記者みたいな存在です。

(40代母担当)「パシャパシャ、パシャパシャ」

(小4息子担当)「やめてくださいー」←パンクマさん

カフェの階段から転げ落ちたところをスクープされたパンクマさんは、「どじっ子アイドル・パンクマさん!!」のタイトルで表紙をかざります。

そんなやりとりをえんえんと30分くらい続けてから、眠ります。

というか、途中でわたしがうとうとしちゃって、そうすると小4息子が「じゃ、消すね」といってリモコンで電気を消してくれます。

この30分から1時間にもわたる、寝るまえのパンクマさんのアイドル活動。

小4息子のこころの平穏のために、役立っているのでしょうか。

握手会から始まったパンクマさんのアイドル活動は、宇宙にまで活動範囲が広がり、人類を救い、さいきんはラジオ出演を果たしました。

CM出演をきっかけにCDデビューも決まっています。

というところまで、パンクマさんのアイドル活動妄想がつづいています。

パンクマさん担当は小4息子です。

それ以外のモブというんですか、事務所の人とかパパラッチとか、CM監督とか通りすがりのファンの人とか、基本的に40代母の担当なのね。

寝るまえのひと仕事、なんですよね。

そして相手は、小4男子なんだよ、という。

このなんともいえない、40代母の複雑な胸のうち、ですよ。

ではまたー。

トップへ戻る