ある老夫婦の買物する姿が、なんともやるせなかったので。

老夫婦イメージ つぶやき
スポンサーリンク

近所のスーパーで、ある老夫婦を見かけたことがあります。

その老夫婦について、夫に話したくなるくらい、なんというか、いやあな気持ちになったのです。

なんともいえない悲しみ、どうにもならない怒り、そして、やるせなさ。

どーにかならんものなのかね。

 

さいきんは見かけなくなったのですが、とても印象にのこる老夫婦だったのです。

スポンサーリンク

パン売り場の老夫婦

老夫婦イメージ

さいしょは、仲のいいご夫婦だと思ったのです。

年のころは、そう70代後半から80代くらい。

はじめて見かけたときに、おそろいの帽子をかぶっていました。

だから、仲のいいご夫婦に見えたのです。

 

しかし、それがおおきなかんちがいだった、とわかったのは、わたしが老夫婦のちかくへ行ったときです。

わたしはたまたま、パン売り場でその奥様のとなりに立ちました。

 

すると、ご主人の言葉が聞こえてきたのです。

「なんでパンなんか見てるんだ、パンなんか買わないだろう、買わないものなんか見てないで、さっさと……」

というような、ちくちくねちねちとした罵声をですね、しずかではあるけれど、あきらかにののしりの言葉を、えんえんと奥様のちかくでささやいているというか、となえているというか……。

 

えんえんと、ですよ。

ずっと、ぶつぶつ、ぶつくさ、いいつづけているのです。

わたしは思わず、奥様の顔を見ました。

奥様の顔は、無表情でした。

 

奥様は、背後にぶつぶつと文句だけをいうご主人をしたがえて、怒りをにじませたような、強い意思のある無表情な顔で、買い物カートを押していました。

奥様はご主人をまったく相手にしないのです。

無表情で無言で、それだけがゆいいつの対抗できる手段であるかのように、ふるまっているのです。

 

相手にされないから、文句をいいつづけているのか。

こうなるまでに、どうにかできなかったのか。

わたしは失礼なくらいに、その老夫婦をガン見してしまったのでした。

だって、そんな人と生活してて、結婚してて、いいんですか?

だいじょうぶなものなのですか?

 

他人事ながら、そんなことを考えてしまったのです。

 

100円ショップの老夫婦

またあるときに、100円ショップで買いものをしていると、なにやらうるさいのです。

店内のどこかで、男性がいちゃもんをつけているような声が聞こえてきました。

ちょっと柄のわるい人が、家族に文句をいってるみたいな感じでした。

 

うるさいなーと思いつつ、こっそり顔を見に行きました。←40代主婦の好奇心

すると、おどろいたことに、いつか見た老夫婦なのです。

ご主人の声は、以前にもましてヒートアップ!

奥様の無表情、冷えた怒りはあいかわらずです。

 

なんだろう、なんでしょう、もしかして耳が遠くなったとか、痴呆の症状でしょうか。

それまでは奥様だけに聞こえるような、ぼそぼそとした話しかただったのに、おおきな声で罵倒していました。

身なりのいいご主人なだけに、口の悪さにおどろきます。

 

もはや、周囲の目なんてまったく気にしていませんでした。

いや、もともとご主人は他人を気にするそぶりなんてありませんでした。

奥様と目を合わせることもなく、ずっと文句をいいつづけていました。

そして奥様もあいかわらずー。

 

それでも、夫婦なのだ、という。

いや、確認したわけじゃないですから、夫婦じゃないかもしれない可能性だってもちろんあるのですが、夫婦じゃなかったら、あんなのいっしょに歩かないよ、夫婦だとしてもあんなのいっしょに歩かないよ、おかしいよ、って思うから夫婦だと思います。

 

やっぱり、女性の自立かー。

経済的な自立は、しておいたほうがいい。

だって、離婚に踏み出せないのは、ほとんどのばあい経済的な問題ですから。

そんなふうにつよく思った、ある老夫婦の姿でした。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました