40代主婦が手帳をつかいこなすためにしたこと。

はづき虹映魔法の手帳(2017)中身 手帳のつかい方
スポンサーリンク

予定がなくて空欄だらけ。

空白だらけの手帳を見返して、手帳を買う意味があるのだろうか、とかなしく感じた頃もありました。

 

手帳をつかいこなしたい気持ちはあるのに、気がつけば真っ白なページ。

書くことといえば、子供の予定しかなかったりした40代主婦です。

思いきって、手帳のつかい方を変えてから、白いページがなくなりました。

スポンサーリンク

毎朝、手帳をひらく時間をつくりました

はづき虹映魔法の手帳(2017)中身

なにはともあれ、手帳をひらくこと。

毎朝、手帳を見ることを習慣にしました。

いまは朝夕、かならず手帳をひらいています。

手帳を持ち歩くことにしているので、出先でも時間があれば手帳を見ます。

 

予定を書く以外に、その日やったことを書く

日記に近いかもしれませんが、やったことも書いておきます。

これ、主婦にはいちばんいいかも。

 

月1の掃除とか、週1の掃除とか、やったことを書いておきます。

そろそろ掃除する時期だな、というのがわかります。

 

あれ捨てた、これ捨てた、と書いておけば捨て活メモ。

達成感を味わって、モチベーションあげです。

 

わたしは一時期、捨てたゴミ袋の数をかぞえていました。

ごほうびシールを貼っていって、10袋達成で「たいへんよくできましたシール」を貼るという方法です。

そのころに可燃ゴミ45Lを100袋以上も捨てています。

 

変更がありそうな予定には付箋をつかいます

予定の変更を二重線で消したり、修正テープで消したり。

書きなおしだらけになると、手帳がきたなくなってガッカリします。

 

仮の予定や、とりあえず日程をおさえておくようなときには、付箋が大活躍します。

書きなおす手間もいらないし、必要がなければ付箋をはがすだけ。

二転三転する予定があっても、手帳はきれいなままです。

 

3色ペン、ペン先の太さは0.38mmをつかっています

手帳用のペンには、基本の黒系、赤系、緑系と3色ペンをえらんでいます。

ペン先の太さは、0.5㎜では太すぎると感じて、0.38mmにしました。

 

ペンは5年ほどuniのstyle-fitという、色と太さをえらべる3色ペンをつかっています。

でも、さいきんまた気になるペンが増えてきて、変えてみたい気持ちがぐつぐつしております。

ただ手帳に書くには、ペン先の太さは0.4mm以下が書きやすいです。

 

空きスペースに自由にメモしています

いつ、と決まっていない予定をざっくり書いてみたり。

子供のいったひとことをメモしたり。

空きスペースは自由ならくがき空間になっています。

 

スケジュールとして書くことって、時間、場所、相手くらいですが、空きスペースにはもうすこしこまかくメモします。

たとえば学校関係だったら、当日の持ちものまで書いて、プリントは処分。

 

自分が夢中になっていることを書く

これがいちばん手帳の空白を埋めるコツかもしれないです。

日記とどうちがうのか、と思いますが。

 

予定じゃないことだって、書いていいんだー、という気持ちになると手帳の空白が埋まっていきます。

たとえばー、食べたもの、行ったお店、着た服、そういうのです。

自分の行動をメモする感じ。

 

気楽に、そんなつかい方をはじめてから、わたしの手帳に空白がなくなりました。

今年もすでに来年の手帳をえらんでいます。

どピンクな魔法の手帳です。ウワー

手帳のつかい方までが親切に書いてあるから、これまたたのしみです。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました