本の処分には宅配買取が簡単でした。

古本イメージ 捨てたもの
スポンサーリンク

高額で買い取って欲しい、と思っているわけではないので。

そのまま捨てるのもなんだし、かといって持ち込みもめんどうだし、出張買取してもらうほどの量もない。

というわけで、はじめて宅配買取を利用しました。

 

あらかじめダンボール箱を配達してもらって、日時指定で集荷してもらいました。

すごく簡単でした。

店頭への持ち込みよりもものすごく楽です。

店頭に持ち込んで、買取金額はたったこれだけ? という経験があります。

もうさいしょから宅配買取のほうが手間がかからない分、納得できます。

スポンサーリンク

手間ひまかけただけの買取価格って?

古本イメージ

今回、宅配買取をお願いしたのは、おもにマンガでした。

3年まえはまだ完結していなかったマンガがあって、完結して数年、手放すことにしました。

ただ、古いマンガはバーコードがないので、入れても無駄だろうと箱には入れませんでした。

 

自分にとっては思い入れのある本ですが、古本の買取価格はシビアです。

わたしの数百冊の本が、夫の名作ゲームソフト1本の買取価格に負けたことを、覚えています。

 

だから本の買取価格に関しては、期待していないのです。

効率のいい本の読みかたとしては、読んだらすぐ売る、ということです。

再読することなんてほとんどない小説の類、ベストセラーだったら、それがいちばん買取効率がいいのです。

旬に読むことを考えたら、図書館で予約図書100人待ちして「花火」を読むのではなく、自分で購入して、読み終えたら即売りに出す。

 

本との付き合いかた、ものとの付き合いかた。

捨て活を通じて、考えかたが変わってきました。

ただ、やはりなかなか実践できないのよねェ、という自分がいます。

 

いままでとおなじことをしていたら、なにも変わらない。

そんなふうに考えて、捨てられなかったものを捨てる。

以前の自分だったら、ぜったいに手放せなかったものを処分していく。

 

いままでの自分って、どうだった?

と考えたとき、いままでの自分とちがうことをやっていこう、と思いまして。

あたらしい考え、あたらしい行動。

そんなことです。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました