処分したら夫になにかいわれるんじゃないかと思って、捨てられなかったもの。

ゴミ箱を二重にしてスーパーの袋は隠してしまいましょうイメージ 今日なに捨てた?

以前から、処分できると思っていた家具。

夫が独身時代から使用していたもの。

黒枠のプラスチックの3段引き出しです。

もともとは5段だったのを、3段に減らして使っていました。

しかし、中身はスッカスカだったんですよね。

なぜ捨てられないのか!?

ゴミ箱を二重にしてスーパーの袋は隠してしまいましょうイメージ

その3段引き出しは、玄関のすみっこに置いてありました。

外出するときに、さっと取り出せるといいよねー、と思っておいていました。

しかし、だ。

ろくなものが入ってなかったんですよね。

 

いちど、捨て活ワッショイといろいろ捨てまくったときに、引き出しにラベルをはりました。

中身の分かる収納。

帽子、手袋、レインコート、折りたたみ傘、スリッパ、学校用の保護者名札などが入っていました。

でも、手袋にいたっては、年間を通して玄関付近に収納しておく必要ないよね。

わかっていた、そんなことわかっていた。

でもそれ、夫の手袋なんス。

 

引き出しのラベルに書いてあるプールバッグももう入っていないし、見直す時期に来ていました。

もう、レインコートを着てまで自転車乗らなくっていい(保育園の送り迎えのない)生活をしているし。

 

ということで、捨てた捨てた捨てたったーのです。

いやー、なんかもう、引き出し自体はスッカスカなの。

ギューってつめたら、ひとつの引き出しに入っちゃうくらいの量。

だけど、処分にはためらいがありました。

 

なぜって、その引き出しの上に、夫がリュックを置いていたからなのです。

最近は、息子が水筒を置くようになっていました。

だが、しかし捨てた。

 

なんでしょう。

40代妻がなにかを処分することによって、40代夫は自分の生活が不便になるような気がして、不愉快な発言をするのだなァー。

でも、ま、捨てました。

だって、そこにリュックを置かなくても、いいんじゃないかなー。

 

ということで、捨てたったー。

夫の反応が楽しみです。

たぶん、反応は薄い。

でも、なにかいわれたり、するじゃない?

そういう、うっとうしいなにかがあるんじゃないかなー、ヤダナー、という気持ちが40代主婦に3段引き出しの処分をためらわせていたのだ。

 

おそれるな、自分。

てことで、捨てました。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました