早めの提出を心がけて、ためこまない習慣。

学校のプリント、提出物イメージ 小学校のこと
スポンサーリンク

学校のプリント類には、記入して提出するものがあります。

こういうのは、あとでー、と思っていると忘れます。

子供がプリントを出したら、すぐ確認、すぐに記入、すぐ持たせる、と心がけます。

学校への提出物は、さっさと手元からなくしてしまうのがいちばんです。

日程を確認しないと返事ができないものもありますが、それ以外は受けとったら即記入します。

スポンサーリンク

自分のところにためこまない心がけ

学校のプリント、提出物イメージ

小中学校の修了式が来週にせまっています。

来月には新学年、新学期。

苦手なのは、新学期に受けとってくる提出書類です。

自宅から学校までの通学路を記入を求められて、いつもどうしようと思っていました。

わが家ではここ数年、地図を印刷して貼りつけています。

 

新学期はなにしろ提出書類が多いのです。

あとで書こう、週末に書こう、と思っているとたちまち提出日になってしまいます。

親は提出期限までに書けばいいやー、と思っているかもしれません。

でも、子供はちがいます。

子供は、早く出さなきゃ、とあせるんですね。

 

提出期限の3日まえだろうと、子供から催促されます。

「えーッ、まだ書いてないの? 先生に早めに出すようにっていわれてるんだけど」

そんなことを子供からいわれます。

そういうのって、子供の性格によるのかもしれませんけど。

いま中1の娘は、小学校高学年くらいから、そんなことをいい出しました。

 

(娘)「まだ書いてないの?」

(40代母)「ごめん」

(娘)「昨日もいったのにッ」プンスカ

 

こんな会話が2回くり返されると、もうほんとうに肩身がせまくなる40代母です。

先生によっては、わざわざ早めの提出をうながしたりするものだから、娘がまじめに受けとって、帰宅後に40代母を責めるわけー。

提出期限まで3日あっても、書くのおそいッ、といわれますからね。

 

こっちは2人分書くんだからね、まちがえないように神経使ってるんだから、という心の声は口に出しません。

子供に持たせる書類は、とにかく早く記入して、早く終わらせること。

提出期限にまにあえばいい、という考えかたはやめました。

早め早めに、行動です。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました