田舎から届いたダンボール箱に一喜一憂しました。

チーズイーカ、共同食品 つぶやき
スポンサーリンク

先日、夫の実家からダンボール箱が届きました。

中身はリンゴです。

去年収穫したリンゴの、ちょっとしなびたのが届きました。

夫の実家で食べきれない分が、送られてきたわけです。

リンゴのほかに、干しリンゴと煮リンゴを干したもの。

それから、ほうれん草とジャガイモです。

ダンボール箱の中身は、4分の3がリンゴ。

(以下、読み返してみたのですが、どうしようもない感じの40代夫婦です)

スポンサーリンク

チーズイーカに盛りあがる40代夫婦

チーズイーカ、共同食品

この時期のお決まりとはいえ「あぁ、またしなびたリンゴが届いたのか」という。スンマセンスンマセン

そんな、共通の思いをいだいた40代夫婦でしたが、箱の中に見なれないパッケージを見つけました。

その名は「チーズイーカ」!!

プフフ。

 

いやァ、だってね、コレ、あきらかにお義兄さんのつまみでしょ?

もォ、お義母さんたら、勝手にダンボール箱につめちゃって大丈夫、怒られない?

プフフ、フー。

 

この時点で40代主婦は笑顔を取り戻し、しなびたリンゴへの不満はいっきに終息したんです。

現金な、ほんとうに現金な40代鬼嫁だねぇ。

わたしは笑顔でチーズイーカの袋をダンボール箱の中から取り出しました。

 

「これ、ぜったいお義兄さんのつまみだよね」

とチーズイーカの袋を、夫に手渡しました。

夫もうれしそうに受け取りました。

そしてひとこと。

「これ、口があいてる」

 

(暗転)

 

そう、そのチーズイーカの大袋はチャックつきで、口が開いていました。

田舎から送られてくるものには、よくあることです。

そう、よくあるよくあるッ。

 

袋リサイクル。

外袋と中身がちがうって、あれです。

中身は、リンゴを煮て干して砂糖をまぶしたものだったのです。

 

そうだ、またリンゴだ。

やっぱり、リンゴだった。

 

実家でリンゴをつくっていたら、つまりそういうことです。

チーズイーカなぞ、送ってはこない、リンゴだリンゴに決まっているんだッ。

夫は「ダンボール箱にすきまができたら、お菓子とか入れればいいんだよって、いったのに、お菓子が入っていたのは1回だけだった!」となげきました。

わたしたち40代夫婦は、チーズイーカへの期待値が高かったばっかりに、打ちのめされました。

 

そういうわけで、今夜も、われわれ40代夫婦が夜中にひっそり食べるのは、チーズイーカの袋に入った自家製干しリンゴ菓子です。

チーズイーカの味を、いまだ知らず。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました