しなびたリンゴのゆくすえ。

リンゴイメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

数週前に、田舎から届きましたるリンゴ。

収穫後、半年近く経ち、早くもしなびておりますれば。

こうなってしまったら、もう、ふつうに皮をむいて食べるなんてほぼしません。

スカスカしたリンゴを食べるのは、わたしか夫か、夫かわたしか。

どう数えても、4人家族中2人のみ。

子供はいやがって食べてくれません。

スポンサーリンク

シナシナリンゴ、スカスカリンゴ

リンゴイメージ

人様にリンゴをあげられるのは、秋に送られてきたリンゴだけです。

秋にリンゴが届いたら、ヤクルトレディだろうと新聞の集金人だろうと、玄関先に来てくれた人なら、手間がはぶけてありがてぇとばかりに、新鮮なリンゴをあげます。

1回につき5、6個くらいあげます。

当方に損得勘定などありません。

とにかくリンゴの量を減らしたいのです。

それが、秋。

 

しかしだな、年を越したリンゴ、しわしわリンゴでは、そうもいくまい。

いくら寒い場所で保存してあるからといって、すかすか感のあるリンゴは人様にあげられないのです。

ひたすら家庭内消費です。

そして、キッチンに床置きダンボール箱。

 

30個近いリンゴを、スカスカ、モハモハ食感に耐えながら食べきることは、さすがの40代夫婦にも無理です。

日を置けばおくほど腐ってゆくリンゴを、いつまでも腐るにまかせるわけにもいきませんから、煮リンゴにします。

ナベに10個くらい、傷んだところを大きく切り捨てながら、10個くらいのリンゴをまとめて煮ます。

砂糖も水も入れずに、ごく弱火で火にかけるだけ。

すると、あんなにスカスカと思えたリンゴがじゅわーと果汁が染み出てくるのです。

 

娘は煮リンゴをヨーグルトに入れたり、パンに乗せたりしてよく食べます。

しかし、息子は食べません。

息子は煮ているときのにおいからして苦手なのだそうです。

 

今年は、わたしが煮る以外にも、夫がリンゴジャムを作りました。

クックパッドで作り方を調べたらしいです。

夫がつくるのは、リンゴ1個を使って作るジャム。

いやいやいや、置けばおくほど腐っていくわけだからして、ジャムを作るなら1個といわず、4個5個と使ってほしいのですが。

 

そんなこんなで、スカスカリンゴも残り8個になりました。

買えば高いんだよなァ、とはよくいいますが。

義母が手入れしてこそのリンゴなので、その手間ひまを考えたら、実家で作っているリンゴだって十分高いのでした。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました