中学生の娘のおやつに、すぐに食べられるものが必要な今日この頃。

食パンイメージ 子育て
スポンサーリンク

週1で生協の宅配が届く生活をしています。

食べものを死蔵しないように、と思って買いすぎない生活をこころがけてェー。

が、中2娘の食欲がハンパないのです。

スナック菓子なんて、おやつにならない年頃です。

もっと、ドチッと高カロリーのものを食べさせても、時間を置かずに夕食を食べられるのが思春期の娘のおなか。

スポンサーリンク

とりあえず、中学生のおやつに食パン

食パンイメージ

以前はいざ知らず、いまのわが家の食パン所持率は高いです。

ほとんど切らすことなく、食パンがあります。

おもに娘のおやつ用です。

 

おやつって、小さい子が食べるイメージでした。

そんなかわいいおやつじゃないんだ。

夕飯の前振りみたいな、おやつなんだ。

 

とりあえず、食パンです。

チーズトースト、シュガートースト、ピーナツバタートースト。

コロッケサンド、ハムチーズサンド。

とにかく、さっさと作って、娘に出します。

食パンがあれば、とりあえずなんとかなる、なんとかさせねば娘のおなか。

 

これってもう夕飯だよね、という量のときもあります。

だって、娘が中学校から帰って来るのは6時過ぎ。

ちゃっかり息子もいっしょにおやつを食べるのですが、その後の息子は軽めの夕食になります。

ところが娘は、きちんと夕食も食べるのだなァ、さすがです。

 

中学生の食欲

この連休中、家族で外出いたしまして。

昼食、おやつ、と時間がずれて、わたしのおなかはいっぱいでした。

夫ですら「おなかがすいていない」といったのです。

 

そんなこんなで夫と息子は、夕食なしでお風呂をすませました。

2人に続いて、わたしもお風呂にはいろう、と思ったそのとき、娘が部屋から出てきたのです。

帰宅直後から自室にこもっていた娘。

「今日は夕飯はないの?」

あ、やっぱりそうきたかー。

 

そんなこともあろうかと。

冷凍のコロッケと食パンでコロッケサンドを作りました。

さらにバナナヨーグルト。

娘はペロッと食べて、ふたたび部屋へともどっていったのです。

やれやれ、ご飯を炊かずにすみました。フー

 

ごはんがわりのなにか。

冷凍でもレトルトでもいいから、なにか。

成長期の子供がいたら、さっと食べられるなにかがなくてはー。

40代母のおなか具合とは、ぜんぜんちがう。

想像をはるかに超える食欲なのです。

中2女子の食欲、文化部所属ですら、中学生はこうなのだ。

 

というわけで、食パンと相性のいいなにかを常備している40代母です。

朝食に使いまわしてもいいし、とにかくなにかすぐ食べられるモノないと、娘のおなかはー。

いっそ中学生用にカップ麺の買い置きをしたらどうかと思うのですが、カップ麺は夫が食べちゃうからいかんのですよ。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました