小3息子、20歳の自分の1日について語る。

時計イメージ、目覚まし 子育て
スポンサーリンク

週末日曜日に、小3息子が「明日にならなければいいのにー」といい出して。

「今日が1000時間だったらいいのにー」

「ずっと年をとらなければいいのにー」

「15歳って高校生? じゃあ、16歳から年とらない」

「20歳になったら、1人暮らし? 家族暮らし?」

そこで、わたくし40代母が「1人暮らしでいいんじゃないの」といったところから、小3息子による20歳のぼくの1日妄想が始まりました。

※以下、40代母の記憶による、20歳のぼくの1日メモです。

スポンサーリンク

20歳の息子は5時30分に起きる

時計イメージ、目覚まし

基本的なこととして、20歳の息子は1人暮らしの賃貸住宅、1階なので庭つきです。

(賃貸住宅、1階庭つきはいまのわが家と同じ条件)

 

20歳の息子は5時30分に起きます。

15分で朝ごはんをつくって、20分くらいで食べます。

(15分でつくるんだったら、毎朝息子の好きなパンかなと思って、わたしがたずねたら「パンだったり、ごはんだったり」と息子が答えました)

庭の草むしりをします。(実際、前日の朝に夫と草むしりをしたので記憶に残った模様)

洗濯をします。

洗濯物を干します。

 

パソコンで45分間、仕事をします。

1人遊びをします。

(家族暮らしではないから、遊び相手がいなくて、1人遊びをするしかないのだそうです)

掃除をします。

皿を洗います。

10時半くらいに買い物に行きます。

(10時くらいにはお店が開いているんじゃないか、と小3の息子は思うそうです)

仕事を45分間します。

 

お昼ごはんを作ります。

12時にお昼ごはんを食べます。

お昼寝をします。

(ふだん、お昼寝をしてないのに? 20歳になると疲れるから、お昼寝をするのだそうです)

 

もし持っていたらだけど、3DSをします。

(いまは娘の3DSを借りている状態。スマブラ、電波人間。持ってないけど、ちびロボ)

 

おやつを食べます。

もし、持っていたらテレビを見ます。

(ここで、テレビを買う話になって、20歳の息子がいくら稼いでるかについて話す)

(わたしが20万といったら、不安そうな小3息子。貯金は35万、とわたしがいったら、ますます不安になったのか、アルバイトをするといい出しました)

(息子は30分アルバイトをする、といいました。30分ではお店がやとってくれない、とわたしがいったら、アルバイトは2時間になりました)

 

3時から5時までドーナツ屋さんでアルバイトをします。

(ドーナツ屋さんというのは、息子がドーナツを好きだから、わたしがてきとうにいいました)

(息子はアルバイトをしているお店のドーナツを買わなくちゃいけないことが、理解できないみたい。もらえるって、思ってる?)

5時15分に家に帰ります。

 

洗濯物をしまいます。

洗濯物をたたみます。

仕事を45分間します。

 

夕ごはんを作ります。

夕ごはんを食べます。

お風呂に入ります。

7時に寝ます。

(朝の5時30分起床は早いなと思ったけど、夜は7時に寝るのだから大丈夫、起きられるねぇ、と感心しました)

(息子はもっとこまかく、時間が戻らないようにスケジュールを組んでいました。わたしが覚えているのはこのくらいです。家事をこなすことも重要視しているのが印象的でした)

20歳の息子の1日を聞いて、40代母が思ったこと

そういえば、小3息子は中学3年生になった自分への手紙、というのを4月の終わりごろに、自発的に書いています。

なんでいま、中学3年生の自分へ?

だれがいったわけでもないのに、1人遊びの一環として思いついて書いたみたいです。

その手紙は、息子がコピー用紙につつんで、表書きをして捨てないように(とくに思春期に突入した息子自身が)置いてあります。

 

息子は未来の自分にわくわくしています。

それはとてもすばらしいことだよ。

 

(※偶然ですが、中2娘は中学校で20歳の自分がどこでなにをしているか書いてみましょう、という授業があったそうで、「書けるわけないじゃん」と毒づいていました)

 

明日学校に行きたくない、からはじまった小3息子のすてきな未来の自分、20歳篇でした。

20歳の息子が45分ずつ区切って仕事をするのは、小学校の45分授業が頭にあるのかも。

1人遊びをして、3DSをして、自分で買ったテレビを見る20歳の息子。

話し終わったときには、学校行きたくない、とはいいませんでした。

 

話の終わりに、息子は「20歳だったら、大学生?」といいました。

息子にしろ娘にしろ、学校へ行くのはいやだといいながら、大学には行くものだと思っているような?

ふしぎです。

 

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました