グルテンフリー、3週間を過ごして感じたことメモ。

グルテンフリー、しょうゆ 40代の健康
スポンサーリンク

とうとう、やめどきがわからないまま、3週間が過ぎた40代主婦のグルテンフリー生活です。

乳製品断ちも始めつつ。

さらに、ココナッツオイルを買ってしまったのでした。

だってケトン体が、ね?

スポンサーリンク

せっかくグルテンフリーなので

グルテンフリー、しょうゆ

朝、コーヒーにココナッツオイル(15㏄)を入れて飲むといいよ、食欲がわかなくなるよ、ケトン体を消費するよ、というので。

ケトン体って、妊婦健診のときに注意を受けたことのある、ケトン値に関係あるのか? →ある

ケトン体ダイエットなる分野がある。

ふーん?

ここ数日、検索して、せっかくグルテンフリーな食生活してるなら、朝のココナッツオイル入りコーヒーを飲まないともったいないのではないか、という考えに到達しました。

だって、炭水化物の摂取量が減っている今日このごろだからです。

なんだかよくわからないのですが、とりあえず、脂肪を肝臓でケトン体にしてもらって、ケトン体をエネルギーとして活動する方式すると痩せる、というので。

それには、グルテンフリーの生活が続いているいまがベスト。

ということらしいんだなァ。

中3娘が宇宙人説をとなえ始めた

「かあちゃん、宇宙人なんじゃないの?」

中3娘がそんなことをいい出したのには、わけがあります。

バレンタイン用のおいしそうなチョコを、わたしが「食べない」といったからなんですね。

じつはチョコレートにいたっては、グルテンフリー生活に入るまえから食べなくなっていて、さいごにいつ食べたかすら覚えていないのです。

小4息子の誕生日ケーキのチョコがさいごかな?

そういう、おつきあい的な食べ方しかしなくなっていたんですよね。

グルテンフリーにしてからは、ポテチもプリンも食べていないからねェ。

食べざかりの中3娘にとっては、ポテチを食べない、チョコを食べない母親が信じられない、宇宙人と交換されたのではないか疑惑浮上、というわけです。

中3娘「かあちゃんの鼻先にチョコをぶら下げてみたい」

そんなことまでいい出しました。

食欲がおさまる不思議

わたし自身も、この食欲のおさまりかたが不思議でならないのですが。

朝食、昼食、夕食、と時間になると食べなくちゃいけない気持ちでいたのが、ま、いっか、食べなくても、となってきました。

それは、ここ数日のことなのですが。

家族にあわせて食べなくてもいいときは、食べなかったり、ほんのすこしつまんで終わり、みたいな。

自分でも信じられない状態です。

わたし、運動しないからなァ。

そんなにエネルギーいらんのだろうなァ、そんなことも思います。

へんな食欲に突き動かされて食べていた分が、食べなくても平気になった不思議。

そこで、ココナッツオイル入りコーヒーですよ。

朝に飲むというのだが、そのタイミングがわからん、と思って。

朝の白湯、家族の出発を待っての、ココナッツオイル入りコーヒー、ごくごく。

空腹にコーヒーはよくないんじゃないのかなー、と思いつつ、タイミングわからん、と飲んでみたら、たしかに食欲がわかないのです。

いいのか、これで?

たとえば午前中は、味見用にレバーとイワシをつまんだだけで終わり、とか。

そんな、ささやかな朝食。

あとは白湯を飲んでおる。

それだけなのですが。

ときたま、お腹がなったりするけど、「食べたい、食べたくてたまらない」というあせり、せっぱつまった気持ちがないのです。

不思議でたまらない。

自分の身体だというのに、なにか不思議なことが起こっているのでしょうか。

だいじょうぶかな、自分、と思いつつ、グルテンフリー継続中なのです。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました