お年寄りのいうことなので、そういうもんかなーと思うくらいにしておいて。

ちゃぶ台イメージ 実家へ帰省
スポンサーリンク

10連休中の2泊3日の帰省は、よかったです。

とにかく、お義母さんはお年寄りですし。

なんですかね、いままでもっと、わたしがグイグイやってればよかった、ということなのかね?

新幹線帰省で、ぐったりしていなかったからいろいろできた、っていうのがあるんですよねぇ。

スポンサーリンク

素手でクモをつかまえたあたりから、義母の態度軟化

ちゃぶ台イメージ

料理をしているときに、こんなことがありました。

キッチンにクモがいたから、わたしはとっさに素手でつかまえました。

そして、お義母さんに「クモがいるんですけど、どうしたらいいですか?」と聞きました。

「あら、どこに?」と義母がいうから、「手の中につかまえているんですけど、そこのドア開いてますか、放り投げればいですかね」と答えて、勝手口を開けて、クモをポイ。

そして、クモを素手でつかめる嫁が、「虫けっこう平気だよ」アピールをして、お蚕さまの思い出を語ったあたりから、義母の態度が軟化しました。

なんでしょう、父の実家はいろいろやっていた農家だったんですけど、それで義母が共鳴を感じた、ということでしょうか。

お義母さんはお蚕さまはだいじょうぶだけど、イモムシはダメ、といっていました。

それから、わたしの家の話になって、母の気質について伝えるのがむずかしかったのです、が。

わたしが「父は婿養子です」といったら、義母は「このあたりでも婿取りは気が強い、っていうよ。お姑さんに合わせたことがないから、他人に合わせられないの。ああ、そうなの」とバッサリ。

す、すごい、いままででいちばん伝わった、と思いました。

この決めつけ、つよすぎる。

前といってることがちがうし!

今回の義母、おどろき発言として。

3年ぶりの孫があんまり成長していない、とがっかりした模様。

とくに小5息子がやせすぎていると気にいらなかった義母、「ダメだね」とわたしにいう。

義母はメガネをかけてなかったので、どこまで見えているのか、40代嫁にはよくわからないのですがー。

まー、とりあえず、お年寄りのいうことだから、ね。

お義姉さんが朝起きられないのは病気になったから、と聞いていたのに、義母は発言を撤回「まえからお姑さんにぜんぶやらせているんだよ」といい出して、わたしも夫も気まずい。

病気で倒れてから起きられなくなった、っていってましたよね?

お義姉さんが実家に泊まったとき、朝起きてこない理由をそういっていたから、夫が問いただしたけど、病気と関係ないんだって、バッサリ。

なにがほんとうか、もうわからない。

これも、お年寄りのいうことなのでー。

鶏の首をカマで切って、逆さにして血抜きしていたのは、お義母さんのお姑さん(夫の祖母)で、「わたしにはとてもできなかったー」とわたしに話した義母。

でもわたしは、その作業をお義母さんがやっていた、と夫から聞いていた。

わたし、その場で義母に問いなおすことはできませんでした。

あとで夫に確認したけど、夫は「かあちゃんがやってたと思う」というし。

お年寄りのいうことだし、どっちがどっちでも、もういっか、みたいな。

あと、むかし、姪ごさん(義姉の子)が野菜を食べないのを、義母にきびしくいわれていたのです、が。

「子供は野菜にがてだよねぇ。わたしも子供のころはそうだったもの。むりして食べなくてもいいんだよ。そのうち好みも変わるから」

と、子供用のサラダを省略。

あのころ姪ごさんにきびしかったのはなんだったのかー。

お義母さんが子供のころに野菜を食べなかったら、いったいほかになにを食べたていたというのか? という疑問。

お義母さん自身の肉ぎらいがばれたから?

よくわからないけど、お年寄りのいうことだし、子供たちにきびしくなくてよかったってことで。

へー、ほんとーの効果

あと、今年の帰省でわかったこととして、姪ごさんは「へー、ほんとー」で義母とやりとりしているだけだった!

という衝撃。

わたしの兄が実母に「ああ、そう」としか答えなかったのといっしょだー。

姪ごさんがニコニコとして「へー、ほんとー」しかいわないのを見ていて、40代嫁はなんともいえない気持ちになりました。

でも、これが受け入れるリスペクトってこと?

兄の「ああ、そう」もありのままを受け入れていた、ということ?

実母も義母も、それで満足そうにしているのだから、そういうことなのかね。

なんだか、もうよくわからないことが多かったけど、今回の帰省で40代嫁は義母に好感触だったようです。

夫がいうには、嫁といっしょに餃子90個を作ったのが話のタネになるからよい、らしいです。

夫の実家の集落では、自治会があって、むかし50人だったのがいまは300人になっていて、女性だけが集まる婦人会があるのだとか。

そういうときに嫁の話ができるのがうれしいみたいです。

そしてその婦人会のあつまりに、若い奥さんたちもちゃんと参加していると聞いて、すごいな、と思いました。

手料理を作って参加するらしいんですよ。ヒィー

すごいよね、夫がわたしには「むり」っていうの、わかる気がしました。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました