「あの人、いつもおなじ服」の40代主婦です、どもども。

私服の制服化、ワンパターン 私服の制服化
スポンサーリンク

そうかー。

世の中には、自分が着ている服をチェックしている他人がいて、その他人に「あの人、いつもおなじ服」って思われたくないために、着回しせずにはいられない自分がいるのだ。

だって、自分は、いつもおなじ服を着ている他人を「あの人、いつもおなじ服」と注目しているから、自分も注目されている、と考えるわけですね。

そこで、わたしは他人に注目される人間であろうか、と考えてみまするに、さらば自意識過剰、こんにちはいつもどおりの私服。

スポンサーリンク

去年の夏、なに着ていたっけ?

40代、私服の制服化テーパードパンツ

肌寒いな、と思うと5月のいまでもタートルネックのセーターを着ている40代主婦です。

外出するときは、セーターを脱いでカーディガンに着替えます。

下はジャージから外出用のパンツに替えて、靴下もパンプス用にはき替えます。

それだけでも、めんどうなので、ね。

最近注目しているのは襟なしのジャケットです。

試着してみて、「いいな」と思ったのですが、値札を見ないと買えない40代主婦は、値札を見たことによって買えませんでした。

ふー。

今年、娘が高校へ入学して、パーッと使ったので、わたしの使う分がありません。

そんなものです。

そして、自分の収納ケースの中身を見て、「いったい、自分は去年の夏なにを着て過ごしたのか?」とふしぎに思ったのです。

引き出しのなかにあった夏物のトップスは以下だけ。

  • 紺のハイネックノースリーブセーター
  • 淡いグレーの半袖カーディガン
  • 黒の半袖エアリズム

たしかに、黒のエアリズムの上に、半袖カーディガンを着て出かけていた記憶があります。

でも、それ以外の日、わたし、どうしてた?

あ、夫のエアリズム着てた!

それで思い出したのですが、わたし、去年の夏「ドルマンスリーブみたいじゃん」などとほざいて、夫(185cm)の黒のエアリズムを愛用していました。

しかも、ブログ記事にしてました。

まー、世の中には、そういうミニマリストもいるから。

無頓着派ミニマリスト。

無頓着だから成り立ってますね、というミニマルな生活ですよ。

しかも、上の過去記事を読んだら、数ヵ月のダイエットでパンツがゆるくなった自慢してるけど、そのあとあっさり元にもどっているからね。

ふー。

つまりいま、グルテンフリーでこんなにやせちゃったよ、って書いている自分の過去記事を、数年後のわたしが読んでイラッとする、みたいなことが起こるわけですか、そーですか。

ふー。

過去記事を読むと、そのときの自分のテンションがわかるというか。

精神状態がなー。

でもだいたい、無理してない部分、がんばってない部分、素の部分は変わってない感じ。

わたしにとっての、おなじ服を着ない努力というのは、他人に合わせるためであったのでしょう。

単純な夏服で過ごしています。
はぴくまッ!
2018年8月11日の記事より

と、新エディター「Gutenberg」のプルクオートを使うと、こんな感じ。

自分の過去記事の引用なのに、なんだかかっこよく見える効果。

まー、そういうことです。

夫は、わたしが教えてあげるまで、夫のエアリズムをわたしが着ていると気がつかなかったそうです。

「さいきん、黒いのが見あたらないな、と思ってた」

そのていどの無頓着さ。

まー、そんなものです。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました