手作りのスポドリに浮かんでいるという、ナゾの物体が気になって調べてみました。

運動部、入部、洗濯物 子育て
スポンサーリンク

高1娘の部活内で、スポドリを保護者に手作りしてもらっている部員がいるとの情報。

しかも、そのスポドリに、ナゾの物体が投入されているというのです。

しかし、娘情報だからなー、ナゾの物体っていったいなんなんだよ、そんなのつくっちゃう保護者ってナニモノだよ。

そんなふうにマユツバに思いつつ、高1娘からじっくり聞き取ってみたところ、正体がわかりました。

※スポドリとは、スポーツドリンクの略称。

スポンサーリンク

果物型のアイスキューブ

教室の机イメージ

高1娘情報によれば、某部員の飲む手作りスポドリには、食べられないナゾの物体が浮いているというのです。

  • 果物のかたちをしている。
  • 色はそれぞれ果物の色をしていてカラフル。
  • グミっぽく見える。
  • 飲むときには上に浮いているのが見える。

その部員が食べないだけで、ほんとうは食べられるんじゃないの? などなど、高1娘にいろいろ聞き取りをつづけた40代保護者です。

そして、それはもしかして、氷の代用品ではないだろうか、と検索してみました。

さらに、画像検索に切りかえると、そのまんま、それっぽいモノがぞろぞろ出てきたのです。

アイスキューブ、というらしい。

さっそく高1娘に画像検索の結果を見せると、「コレ! まんま、コレ!」といいました。

さて、スポドリを飲む運動部の生徒は、スポドリの粉末(ポカリスウェットやアクエリアス)を持っていって、学校の水道水で溶かして飲むそうです。

少しでも荷物を軽くしたいなら、そうなりますし、たくさん飲む場合にも、そのほうがいいでしょう。

しかし、高1娘は運動部1年目、真夏のきびしさを知らないペーペーなので、冷えたスポドリ飲みたい、とぜいたくなことを考えているっぽいです。

冷えたスポドリを飲むためには、家から冷やしていくしかないんだよ?

重いバッグがさらに重くなるよ?

ダイソーのクリアボトル

正統派はスポドリの粉末をスクイズボトルに入れて、水を入れて、シャカシャカ振って、ゴクゴク飲むって流れらしいです。

市販のスクイズボトルって、1Lサイズが基本なのかな。

そもそも、スポドリ粉末が1袋1L用で、吸湿するからすぐに使いましょう、と書いてあるのです。

そうかといって、さすがに1Lは飲まないよね、高1娘。

スポドリを入れる容器もどうしようか、と思っていました。

また、スポドリを金属製の水筒に入れるのは、金属中毒の危険を考えたら避けたいところです。

水筒の内側にコーティングがしてあれば大丈夫、というけれど、使っているうちにキズがつくこともあるでしょう。

そこで、スクイズボトルが最適、と考えたんですよね。

でも大きい。

そこで高1娘にいろいろ聞いてみたところ、手作りスポドリの生徒さんが使っているのは、ダイソーやセリアで売っているクリアボトルらしいのです。

それで、だいじょうぶなの?

もれないの?

と、不安に思いつつ、さっそくダイソーでクリアボトルを買ってみた40代主婦です。

いちおうダイソーの売り場で見てみたら、パッキンがついていたので、信じてみます。

女子高生のハードなリュックの中に、入ってもだいじょうぶかな?

そんなことを考えつつ、クリアボトルを使い始めました。

そしてなんということでしょう、アイスキューブは近所のダイソーで売り切れだったのです。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました