部活に行きたくない高1娘の場合。

学校イメージ 疾風怒濤の女子高生編
スポンサーリンク

高1娘の「部活やめたい」「部活いきたくない」をさんざん聞かされている40代母です。

とはいうものの、高1娘の部活はゆるい運動部です。

2年生の先輩よりも、1年生が多いし。

顧問の先生もゆるゆるだし。

ただ、高1娘は同学年の部員が奇数であるために、「ぼっち」になっているのです。

そこがなー、つらいんだなー。

スポンサーリンク

部活に行きたくないから、いそがしくする

学校イメージ

高1娘の、発想として。

部活に行きたくないから、某委員会の執行部に入ったそうです。

エー?

執行部といえば、その委員会を動かす中心じゃないですかー。

どうしたんだ、娘よ。

高校生活を充実させるといっていたけれど、40代母の想像を超えた活躍ぶりですよ。

そこで、高1娘のいうことにゃ。

「委員会がいそがしければ、部活に行かなくてすむでしょ」

ふふ、と不敵に笑う高1娘。

そうなんだ、そういうことでいいんだ。

よくわからないのですが、高1娘はマジメさんなので、基本的にズル休みができません。

でも、理由あっての休みはオッケー。

だから、某委員会の執行部になって、放課後をいそがしくすれば、おおっぴらに部活動が休める、というわけなのですね。

なる、ほど。

高1娘は、とりあえず、いまのところ部活動をやめていません。

部活をやめるってほど、気持ちは追いつめられてないけど、できれば行きたくないのが本音。

身体を動かすには、ゆるい部活の、まったり具合がいい感じなんですよね。

あと、高1娘は、ヘンな負けず嫌いがあって、大会に出るなら負けたくない、みたいな、そーんな気持ちがあって、大会前にはそれなりにがんばったりするんですよね。

なーんか、不思議なんですけど。

わたしからしてみたら、そーんなのかるく流しておけばいいじゃーん、と思うことを、ほうっておけない気質が高1娘にはあります。

部活をやめたいならば、恐怖の条件

高1娘の部活やめたい気持ちは、いまのところ静まっています。

そして、夏休み明け、高1娘のクラスでも、「部活やめたい生徒」「部活やめる生徒」「部活やめた生徒」がぞろぞろ出てきたもよう。

あっさり退部できた生徒もいれば、顧問の先生に条件をいい渡された生徒もいたそうです。

その条件内容には、この40代保護者もドン引きなんですけどー。

「先輩の承諾をもらってから」なんだってー。

それさ、顧問の先生、および腰じゃありません?

どんないじめだよ。

そんなやりかた、いまもあるんだー、みたいな。

入部するときにキッツイ部活は、やめるときもキッツイのかもしれません。

入部のときに「入部志望の動機をいわされる、校舎の影で泣いてもいわされる」部活がある、と高1娘から聞いています。

高1娘は、部活の先輩から「去年も泣いている子がいた」と聞いたそうです。

高1娘の部活は、ちょうどそのようすが見える場所にあるのだそうです。

そんなのも「伝統」といっているのかいないのか、とめる人がいないのかなー、と40代保護者は思うのでした。

まー、高1娘の部活動はゆるいよ、ゆるゆるだよ。

ぼっちに慣れておくのは、このさき必要だから、ほどほどにつきあっておればいいと思うのです。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました