小5息子とパソコン、脱出ゲームからタイピングへ。

キーボードイメージ 子育て
スポンサーリンク

いま、小5息子のパソコン時間は1日30分です。

夏休み、小5息子はパソコン時間をヒカカツについやしていました。

そして先月、脱出ゲームを始めた小5息子けけさん。

その脱出ゲームはわたしも好きな脱出ゲームで、忘れたころにくり返しやっているのですが。

今回、けけさんは脱出ゲームにひとりで挑戦していたのです。

はげしいクリック音、そしてぐったりと「ぜんぜん、すすめなくなった」といい出すけけさん。

スポンサーリンク

よく見ろ!

キーボードイメージ
パソコンのキーボード

もうさー、だいたい、見落としてんのよ。

他人のこといえないけど、見落としがあるの。

しかも、どーしよーもないとこ、見落としているよね?

なんで、角度を変えて見ないんだー。

なんで、開けてカラに見えたからってからっぽだと思うんだー。

表から裏から、角度を変えてよく見てー。

もっとうたがってかかれよー。

という言葉を、くり返し小5息子にいい続けた脱出ゲーム。

君にはまだ脱出ゲームは早い!

まー、そうなんだけど、回数をくり返すことで経験値を増やしていくしかないので、がんばれ。

あと、何回かやっている脱出ゲームだから、小5息子が覚えている場合もあって、それはそれでスゴイ。

もっと頭を使え!

なんだろうね、解く手がかりをぜんぶ手に入れているのに、結びつけることができなくて解けないんですよね。

ここにあるコレとコレ、よく見るとタテ5ヨコ5でおなじだよね?

そしたらさ、こっちの図から読み解いてー、みたいな。

そういう発想だ!

結びつけて、考えてー。

でもって、手に入れたアイテムの中にハサミがあったら、なにか切れるもの、切りたいものがあるわけよ。

棒が2本あったら、なにかで結んで長くして、せまいところにつっ込むとか、高いところに届かせるとか。

そういうふうに考えていけよぉおおおお。

というような、40代母のいらだち具合。

まーねー、けけさんは小5だし、そりゃねー、無理ってもんよねー、と思いつつ、君がやりたいっていったんでしょーがー、なにイライラしてんのー、と思わんでもないのです。

脱出ゲームからタイピングへ

そして、脱出ゲームをあらかたやりつくした小5息子けけさんは、いま、タイピングゲームを始めました。

脱出ゲームとおなじ作者さんの、タイピングゲームをクリアしたいかららしいです。

「夜の森」というむずかしいタイピングゲームがあって、それを夫がクリアしてみせるはずがクリアできなくて、けけさんみずから立ち上がった! みたいな流れです。

けけ「とうちゃんはあてにならぬ!」

もちろん、かあちゃんもあてになりません。

すまんね。

そんなわけで。

いつまでつづくかわかりませんが、小5息子はタイピングゲームをクリアするためにタイピングの練習を始めました。

ローマ字表記もまともにおぼえていない小5男子なのに!

貴重なパソコン時間だというのに、小5息子はたのしい動画も見ずに30分間タイピングをやっとります。

遊びではなく、訓練みたいな雰囲気です。

小5男子、なにが原動力になるかわからぬものですよ。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました