ネコよけ花壇が完成したのち、またしてもネコにやられた!

ねこイメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

きのう、ネコに会った。

それは白毛で、青い目のネコ。

首輪をつけていて、あそこのあの住人がかわいがっている、と知っている。

やっぱり、あのネコの仕業ではないか、と思う。

ウ●コが臭くないのは、そういうキャットフードをもらって食べているからではないか?

つまり、いま、うちの庭にウ●コしているネコは、野良猫ではない、たぶん。

スポンサーリンク

ネコよけ花壇は無事

ネコよけ花壇、松ぼっくり
ネコよけ花壇にはウ●コされてない

さすがに、このネコよけ花壇にはネコもウ●コしてこないんです。

なじみの場所だとしても、わざわざこのチクチクトゲトゲのエリアでウ●コしようとは思わないよね。

だから、ネコよけ花壇は無事でした。

しかしやっぱり、あたりまえだが、べつの場所にウ●コされました。

それは先週、小5息子が穴をほって遊んでいた場所です。

乾いた土が掘り返されていて、好感触だったのでしょう。

あきらかに小5息子が遊んだあととはべつの、不穏な小山ができていました。

確認してみたら、やっぱりネコのウ●コです。

あまり臭くない系ウ●コ。

臭わないからといって、うれしいわけがない。

もはや庭全体を松ぼっくり仕様にするしかないのか、と膝から崩れ落ちそうな脱力感に見舞われる40代主婦。

つづくときは、つづくんだよな、ネコウ●コ。

また暗い気持ちで庭を見つめる日々がつづくのでしょうか。

毎日毎日、ウ●コの形跡をさがして目を光らせるのはもうイヤだよ! そんな気持ちがあったからこそ、ネコよけ花壇をつくったのですが。

やはり、場所を変えてウ●コされました。

球根を植えるとウ●コされる、と嘆きのガーデニングブログを読みましたが、ふかふかのやわらかい土は魅力的なのでしょう。

ネコの気持ちになってみれば、当然のことです。

とりあえずの予防策としては、庭の土をよく踏んで固めておきますね。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました