むくみってスゴイ、と実感した40代主婦、9月。

塩盛りスプーン 40代の健康
スポンサーリンク

あきらかに、しょっぱかったんですよね。

でもそれを、ぜんぶ飲み干してしまったんですよね。

ワカメたっぷり入れたし、いいじゃん、と思って。

それが、まちがいでした。

スポンサーリンク

1日1kgずつ増えていく恐怖

塩用に磁器のスプーン

というわけで、万年ダイエット中の40代主婦です。

予定では、もう43kgになっているはずだったのですが。

グルテンフリーで、こりゃ痩せるわい、と調子づいていたのですが、マクロビオティックの世界平和についクラッときて、慣れない肉抜き玄米生活で迷走してしまいました。

そして、9月にはわかめスープの塩分が、40代主婦の体内にみごとなまでに水を備蓄しました。

塩辛いわかめスープを飲んだ翌日、翌々日、と2日間にわたって体重が1kgずつ増えていったのです。

夫にすら「ちょっと、むくんでない?」といわれるレベル。

そう、右目が奥二重になってしまうほどに、むくみました。

むくみ体質

どうやら、わたしは水っぽい、むくみ体質なのでありました。

子供のころ、大人になったら手の甲に血管が浮き出る大人の手になるのだ、と思っていました。

しかし大人になっても、わたしの手のひらには血管が浮き出てきませんでした。

血管が出ない体質なのかしら?

そんなふうに思っていたのですが、これ、どうやら、むくみのせいだったみたいです。

今年、やせてからというもの、手の甲に血管が目立つようになりました。

手の甲の血管は、出たら出たでなんだか他人の手の甲みたいになって、いまだになじめません。

しかし、わかめスープで急にむくんでから、ふたたび手の甲の血管が目立たなくなりました。

つまり、どうやら、血管が目立たない体質でではなく、たんなるむくみ体質でした。

ただ単にむくんでいるから手の甲に血管が浮かび上がらなかったのね、わたし。

だって1日1kg増えるって、かなり急ピッチです。

カリウムでナトリウム排出

そこで、ナシばっかり食べて、カリウムによるナトリウムの排出をこころみました。

するとこれまた、グイグイ減っていくのです。

また、その時期が生理前のためこみやすい時期だったから、体重がはね上がったのだと思います。

ひさびさに48kgを越えていました。

そんなわけで、塩分をひかえめにしよう、と心がけて数週間がたちます。

もうほんとうに露骨に、塩分をとりません。

気軽に塩をかけていた場面で、塩をかけないのです。

すると奇妙なことに気がつきました。

レモンを甘く感じます。

これはなにかが不足しているときに感じる味覚の変化です。

いったい、なんだったかな、と思って検索しますわね。

不足しているのは、ナトリウムでした。

ナトリウムが不足していると、レモンを甘く感じるんですって。

なんということでしょう、塩分不足になっていました。

塩加減、むずかしい。

かといって、むくみたくもなし。

当初の予定では、目標体重の43kgまで一気に駆け抜けて、あとはゆったりまったり、と考えていました。

しかし、あと3kgのところで足踏み状態が続いています。

よく、夏までに3kgなんていいますよね。

これまでは、たった3kgで変わるわけないじゃん、と思っていました。

しかし、この先の3kgはちがう。

ここから3kg落とせたら、体型的に確実に変わります。

やっぱり、運動かなー。

運動しないとダメかなー。

43kgになってから運動するって思ってたけど、もう、運動ですかね。

どうですかね。

まー、今後のためにも筋肉は増やしていきたいです。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました