業務スーパーのレシートを見たらレジの打ち間違いがあったので、後日返金してもらったときの話。

お金の計算イメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

買物がおわったら、すぐにレシートを確認すること。

忘れていました。

このところ、ずっとやっていませんでした。

というのも、セルフレジで買物をする機会が多くなっていたからです。

それで、夜になってレシートを見たときに「ん?」と気がついた次第です。

これ、わたしの前に並んでいた男性が買っていたペットボトルじゃないかなー。

スポンサーリンク

レシートのいちばん上の商品名

お金の計算イメージ
レシートのチェック大事

これは、お店に電話して返金してもらわねば、すっきりしない問題です。

とはいうものの、こちらには証拠もないのに、どうやって返金に応じてもらうのでしょう?

と、電話でのやり取りを想像しただけで憂鬱だった40代主婦です。

そこで、いつものように検索しました。

わたしは他者の経験談を読みあさり、今後の自分がするべきこと、自分に求められること、などをあらかじめ予想して安心しておきたいタイプです。

するとどうやら、レシートのいちばん上に、前の人が買った商品が打ちこまれるミスはよくあるらしい、とわかりました。

そして、いまどきのレジの打ち間違いは、防犯カメラで内容をチェックする、というのです。

そうか、わたしがレジで会計をしているようすを防犯カメラで確認して、事の真偽を吟味して、それでもって返金の流れになるのだな。

ちょっとヤダけど、こういうことを放っておくと、自分の心のモヤモヤがたまっていくので、しかたなく電話しました。

お店の人との電話中に確認したのは、レシートに印字されている時間レシート番号でした。

電話でのやり取りは、まったくスムーズで、わたしはいちゃもんをつけている客のようにはあつかわれませんでした。

そう、防犯カメラでチェックする、というような話はいっさいなく、なんの疑念もない返金の承諾、という流れだったのです。

後日、来店の際にレシートを持って、電話対応した方の名前と電話済みであることを、店員さんに伝えればよいとのことでした。

ただね、いままでの某大手スーパーでのやりとりを思い返すに、次回の来店時に対応する店員さんが「そんな話は聞いてない」といい出したりして、最後まで気が抜けないんだよな、こういうことは。

という、ユーウツな気持ちがありました。

もし、店員さんの対応がそんなときにも「あー、じゃー、もういいです!(あなたに理解してもらおうなんて面倒なことを続けるくらいならば、わたしがこの不快なモヤモヤとした気持ちを抱えているほうがマシ!)」というふうにならないように、気持ちをととのえておくのです。

わたしは他者に理解してもらう面倒くささよりも、自分のガマン(あとをひくモヤモヤ)を取ってしまうクセがあるので、そういうことを減らすために、です。

それで、ある日、お店に行ったんですけど。

わたしがおどろくほどすぐに、すんなりと話が通じたのでした。

それで、「いま、返金するお金は事務所に置いてあるので取りに行くから待っていてください」といわれて、買物をしながら待っていました。

そして、返金されるときに、お店の方にお話をうかがってみました。

すると、その方がいうには、「レジの打ち間違いはレシート(※)を確認すると経験からどんなことが起こったのかわかるので、レジの担当者に確認をとりました」というのです。

(※)レシートというか、レシートのひかえみたいな?

ズラーッとすべてのレシートがつながっているようなもの、があるらしいんですね。

そんなわけで、どうやらわたしの場合、防犯カメラの映像確認はされなかったもようです。

レジの打ち間違いって、その場で指摘しないと、証拠がないしむずかしいのかな、と思っていました。

でも、店員さんからは「レジの打ち間違い、値引きミス、腐っていた、などあったら、気軽にお電話くださいね」と力強くいわれたので、たぶん、その手の電話は多いのだと思います。

金額の大小ではなくて

ちなみに、まちがった商品の金額は83円だったのですが。

もしこれが、たまたま足を運んだはじめてのお店とか、遠方のお店だとしたら、返金に手間がかかるから放置したんじゃないかと思います。

でも、よく行くお店なので、今後も気持ちよく利用させていただきたい、と思って勇気を出して電話しました。

ちなみに、数ヵ月前には忘れものでおなじように、勇気を出して電話して、忘れものを引取りに行っています。ハズカシイ

そんなわけで、わたしはその後も気持ちよく、むしろ好感を抱きつつ、近所の業務スーパーを利用しているのでした。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました