戸籍謄本の取り方をすっかり忘れていました。

手紙、封筒イメージ 疾風怒濤の女子高生編
スポンサーリンク

高1娘がパスポートを作るのに必要だ、というので。

近所の区役所の窓口に行って、手続きすればいいんじゃないのー、と思っていた40代主婦です。

そして、そういう手続きも高校生ならできるよね?

と、知らん顔していたわけです。

そして、パスポートを作りに行く! と高1娘が決めていた朝に「かあちゃん、戸籍謄本」だってさ。

高1娘は朝からプンプンカンカンですよ。

スポンサーリンク

忘れてたけど、本籍地が夫の実家

手紙、封筒イメージ

そんなこんなで、あやうく可燃ゴミの回収を忘れそうになった40代主婦です。アッブネェエエ

そうしたいらだちによって、日々のサイクルを乱されるのはよくありません。

で、そもそも戸籍謄本がなにかを知らない、かつ知らないことを調べない高1娘にもあきれました。

まったくもう、と思いつつ、どうにか本日中に戸籍謄本を手に入れる方法はないか、と調べました。

すると、パスポートセンターによっては戸籍謄本を発行してくれる場所があるというのです。

ただし、本籍地が同じ市区町村内だった場合?

アレ? そういえばわたしたちの戸籍……本籍地って、夫の実家になっているんですよ。

夫にLINEで確認しているうちに、あることを思い出しました。

そうだった、わたしたちがパスポートを作ったとき、実家のお義母さんに戸籍謄本を取ってもらって、それを郵送してもらったんだった!

いまのいままで、すっかり忘れていました。

これは、日数がかかります。

いずれにしても、高1娘のパスポート発行計画には間に合いませんでした。

わたし自身も近所の区役所で申請すればいいと勘違いしていたし、高1娘のことをとやかくいえた義理ではないのですが。

当日の朝いうな。

他人がやって当たり前と思うな。

わからないことは調べろ。

とくに役所に請求する書類関係はなじみがなくて、かんちがいとか思いこみとか、あるからなァ。

ほんとうに、娘への言葉はブーメラン。

くるりと回って、わたしに突き刺さります。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました