ジャージ登校は続行。

学校、古い建物イメージ 中学校のこと
スポンサーリンク

去年、臨時休校が終わった地元の中学校では、ジャージによる登校がおこなわれていました。

あっちの中学校も、こっちの中学校もジャージ。

これは、どういうこと?

そして、思いついたのが、LGBT的ななにかで全生徒のジャージ登校が決まったのかな、と思っていました。

しかし、その後、わかったのは、ジャージ登校はコロナ対策でありまして、制服からジャージに着替えるときの密を避けるため、また衛生面における洗濯の容易さのためでありました。

なーんだ、そっかー、と思っていたら、息子のかよう中学校の制服が、いまどきはやりのジェンダーレス制服化しておりました。

スポンサーリンク

男子制服、女子制服ではない

学校、古い建物イメージ

息子がかよう中学校の制服紹介が、例年の男子制服、女子制服という表記から、制服A、制服Bみたいな区分になってました。

正直なところ、女子の制服に、ズボンを追加しただけだよね感が強いのですが、ジェンダーレスです。

制服はブレザーなのですが、ズボンならネクタイ(制服A)だし、リボンならスカート(制服B)と決まっています。

ネクタイとリボンはミックスしてもいいと思うんですがね。

あー、これ、娘のときにあったら、きっと娘はズボンを選んだのにな、と思いました。

しかし、中1の時点では、娘はスカートを選んでいたかな。

人とちがうこと、目立つことをものすごくいやがっていたから。

いまの娘は、高校の制服にズボンがあったら、ぜったいズボンを選ぶ、といっております。

娘が高校を選ぶときに、県内のズボンあり高校がどれだけあるか、見た記憶があるのですが、遠くに3校くらいあったのかな。

私立をふくめたら、もう少し増えるのかな。

当時は制服にズボン、といってもジェンダーレスという意味ではなく、女子の制服にズボンを追加したという新聞記事を見て、それで「へ~」となってそういう学校をさがしてみたんですよね。

入学式にズボン女子はいたのか? ←いた

もちろん、入学式はそれをたのしみにして出席した40代保護者です。

外見上、女子と判断した生徒のうち、ズボンをはいていたのは2人でした。

女子生徒が約90人、そのうち2人。

がんばったほうですかね?

わたしが女子と男子を見分けた方法は髪の毛の長さです。

中学校は男子の長髪をゆるしませんので、長髪すなわち女子、と考えました。

ベリーショート女子がいたら、わからなかったと思います。

冬になったらズボンをはきたいな、と思ったときに、リボンからネクタイに変えなくてもいいじゃん、と思うんですけど。

あるいは、いっそ、男女ともにネクタイにしておけばよかったのにな。

など、思いました。

しまった、娘の制服を捨てるんじゃなかった、と思いましたが。

中1息子は「女子向け」に対してきびしくなっている昨今ですので、制服Bを着る機会はないでしょう。

息子は幼いころに、みずからの意思でスカート体験をしているけれど、一生スカートをはかない人々もいるのだな。

わたし自身、さいごにスカートをはいたのっていつだっけ? という感じ。

あの、すかすか、スース―感、すっかり忘れています。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました