仮入部あれこれ。

学校イメージ 中学校のこと
スポンサーリンク

中1息子が中学校に通いはじめて1週間がたちました。

ようやく普通の授業がはじまったところです。

そして、放課後は連日の仮入部です。

中1息子はいっしょにまわる友達もいないので、1人であちこちまわっているようです。

そして、意外にも「テニスがいい」といいはじめました。

テニスって、わたしの世代にはリア充のイメージしかない。

だいじょうぶか、息子よ。

スポンサーリンク

仮入部中の先輩はやさしい

学校イメージ

テニス部の仮入部では、先輩がボールをおとしてくれて、それを打ったのだそうです。

それが思いのほかたのしかったみたいです。

いっとくが、それ、さいしょだけだからなッ。

入部したとたんに、その役割は逆転する。

中1息子がボールをおとし、先輩が打つのだ。

高3娘の時代には、ある運動部がめちゃくちゃきびしかったんですけど。

その部活、仮入部期間はレクリエーションをおこなって、すごくたのしい雰囲気をかもし出していたそうです。

これぞ、仮入部サギ。

そのときのきびしい顧問の先生はいなくなったから、どうしているかな、と思っていたら、中1息子の入手した情報によると仮入部サギはしなくなって、さいしょからきびしくなっていたそうです。

その運動部に仮入部した男子生徒が、テニス部に仮入部にやってきてそんな話をしていたんですと。

中1息子はさいしょに考えていた某運動部よりも、テニス部のほうが感触がよかったみたいで、いまでは「テニス部か、コン部(コンピューター部)」の二択になっています。

話を聞いたわたしも高3娘も、おどろいております。

ただ、やっぱり感覚がぬるくて、中1息子は「朝練のはじまる時刻がおそいといいな」などともうします。

選手は目指さない、という息子

高3娘の部活でもそうだったのですが、大会に出るとか、選手になるとか、そんなことはどうでもいいのだが。

ただ、テニスをやってみたいんですよね。

それだけなんだけど。

それだけですまないのが、学校の部活動なのだよ。

高3娘が「わざわざ遠くの学校まで自腹で練習試合に行くんだよ?」といえば、「いいよ。読書しているから」と答える中1息子。

そんなことがゆるされると思っているところが、さすがマイペースな中1息子です。

まー、いまは他校との練習試合もないのだと思いますし、大声をあげての応援もないでしょう。

そしたら、もしかすると、中1息子でもなんとかなりそうな気がします。

入部届は来週までです。

それまでに中1息子が、はたしてどんな決断をくだすことやら、たのしみです。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました