クラスLINEがない高3娘の今年。

制服のリボンイメージ 疾風怒濤の女子高生編
スポンサーリンク

さいきん高3娘から教えてもらったこと。

FJK・SJK・LJKという呼び方。

それぞれファーストJK、セカンドJK、ラストJK。

そう、今年の娘はラスト。

ラストといういい方が、なんとも。

そして、そんなわが家のLJKには今年、クラスLINEがないんですと。

去年は臨時休校などあり、スタートが遅れ、クラスLINEがあったのかもしれないが「わたしは入ってない」と暗い顔をしていっていた娘。

スポンサーリンク

あ、え、て、クラスLINEをつくらない

制服のリボンイメージ

今年、高3娘のクラスでは、クラスLINEをつくらないことに決まりました。

それは、担任の先生から決定事項として伝えられました。

クラス内の連絡は、先生からメールで届きます。

そのメールは、臨時休校中の連絡方法として使われ出したメールアカウントを利用します。

担任の先生がクラス全体に、また各生徒へ個別にメールを発信することができます。

高3娘は、高1のときもおなじ担任の先生でした。

高1のときには、クラスLINEがありました。

しかし、今年は、あえてクラスLINEをつくらないのです。

高3娘が1年生のとき、クラスLINEはものすごい勢いで流れていったそうです。

だれかが球技大会の写真をあげると、われもわれもとつぎつぎと写真の波が起こります。

高1というと、はじめてスマホを持つ生徒もいたりして、盛りあがったのかもしれません。

文化祭の話、連絡事項などは便利だったみたいです。

あればあったで便利だけれど、なくても、まー、だいじょうぶ。

そんな感じなのかな、と思います。

高3娘は、去年にひきつづき今年も友達とクラスがべつべつで、ぼっちです。

高3娘の高校での友達は、たぶんひとり。

いま現在、高3娘が、いちばん親しく交流している友達は、たぶん、元バレー部でヤングケアラーのため退部して、呪術廻戦が好きで、腐女子で夢女子もちょっと入っている女の子です。

たぶん、高3娘が話す「友達」はいろんな側面を持っているけれど、ひとりです。

あとは、ときどき中学時代の友達と遊びます。

それから、高校生プログラムで知り合った1歳年上の遠方の友達と電話します。

わたしは、高3娘の交流がそれらすべてと思っています。

でも、そうではない場合もあるのだよな、いや、そうではない場合のほうがフツウなのかな、とも思います。

高3娘とは会話をするけれど、その会話がすべてではありませんし、わたしにすべてを会話されても困るよな、と思います。

いまどきは、友達と仲たがいしたとたんにLINEのスクショを拡散されたりするから、友達がつくりにくいのだ、と。

それで、悩みを打ち明ける相手が、友達から家族になっているのだ、と。

高3娘もまさしくそのような時代に、17歳なのだよな。

サトシ君を抜き、新一君に追いついてしまったのです。

早いよねー。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました