ハチマキ5本目の購入です。

ハチマキ、タスキ 中学校のこと

正確には、ハチマキ2本、タスキ2本がわが家にはあって、今年さらに1本追加されるという話です。

中1息子の体育祭で、紅白ハチマキが必要なんだって……。

「赤ならあるよ(タスキだけど、カット可能)」っていったら、「白組なんだ」と返されました。

あああ。

というわけで、今年もハチマキ増えた―。

カラフルなハチマキ

ハチマキ、タスキ
ハチマキはカラフル

わが家のハチマキとタスキは、いま現在4色です。

みんなちがってみんないい。

なぜこうも毎年毎年、ちがう色を求められるのか?

高3娘が小学校を卒業したときに、ハチマキとタスキをいったん捨てました。

しかし、けっきょくまた、購入するはめになろうとは。

ただ、小学校の場合は共同購入してしまうから、持っているか持っていないかは関係ありませんでした。

中学校、高校になると「ない人は買ってね」といわれます。

高3娘のピンクのハチマキなんて、持ってるわけがないし、このさき使う予定もないし。

とりあえず、中1息子が高校を卒業するまでは全色を取り置きします。

今後、ハチマキとタスキがどんだけ増えるんだよ、と思いつつ、5本目購入です。

みんなおそろいだよ

おなじチームだからね、一体感を出していこうね。

そんなこんなで、ハチマキ購入です。

学校って、いっかいこっきりのものを買う機会が多いです。

こんなの、もう二度と使わないけど? というものも、みんなおそろいで買います。

おさがりがあるなら、それでいいと思います。

まとめておなじものを買っちゃったほうが管理がしやすい、ということもあります。

春の入学準備の苦行として、おはじきシール貼りが有名です。

おはじきシールから始まる、魔の算数セットですね。

実はわたしは、高3娘のときも中1息子のときも経験しませんでした。

と申しますのも、小学校から貸し出しがおこなわれていたからです。

これは、とても保護者には好評でした。

近隣の他の学校では、算数セットの貸し出しはなく、ふつうに購入がおこなわれていたらしいです。

しかし、この算数セットの貸出制度も、中1息子の下の学年から廃止になりました。

わたしはたまたま中1息子が小1のときに役員をしていたので、来年からは算数セットの貸し出しがなくなる、と聞いたのです。

算数セットの貸し出しは、事前にPTA役員が算数セットを確認するのが前提になっていて、わたしの役員の最後の活動もそれでした。

しかし、来年度からは貸し出しがないから、ざっと確認するだけでよい、といわれたのです。

衛生面の問題か、それとも管理の問題か、はたまたPTA役員の活動軽減か。

買ってしまうほうがかんたん、そんな時代です。

買って、使って、捨てる

必要なら買って、いらなくなったら捨ててね。

そのときだけ必要なもの、たった1日だけなのだが?

でも買います。

たった1日、数時間使って捨てるか、ずっと、たいせつに、使うよ?

ものの役割、なんのために、と思うこともあるけれど、その日たった数時間のためでも買うよ。

買いますよ買いましたよ5本目のハチマキ。

今年は紅白ハチマキ!

秋になったら、高3娘のために6本目のハチマキを買うかもしれない!

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました