高3娘の三者面談がおわりました、わ、わ、わ。

学校イメージ 疾風怒濤の女子高生編
スポンサーリンク

娘は高校3年生。

ああ、高校3年生です。

もう卒業だね、なんて話じゃなくて、受験だよ。

いまどきは高校3年生っていったら、受験。

だからいきなり、二者面談もなく、三者面談です。

あー。

スポンサーリンク

一般受験するってよー

学校イメージ

高3娘の高校進学方法は、ほぼ推薦です。

安心確実の指定校推薦です。

先生は確実じゃないっておどしをかけてくるけど、指定校推薦は安心確実だから大人気なんですよね?

しかし、そんな校風の中、高3娘は一般受験をするというので、一般受験決定です。

わたしや夫がとやかくいうことではなく、高3娘が自分で決めて、自分でやるっていっているんだから、それはどーもこーもできません。

そこで、わたしや夫が志望校以外のどこかをおすすめして、すべり止めとして受験させて、すべり止めだけ受かったとして、娘がその大学に行ったとして、うらまれます。

わたしは行きたくなかったのにー、勝手に決められたー、とかなんとか、わたしは浪人したかったー、とかなんとか。

受験に落ちるとしたら、それは娘の問題(経済的にそれだけとはいえないが)、しかし、浪人をさせないために親がすべり止めを受けさせて、そこしか受からなくて、さあ、どうするってなったときに、どうする?

その場は、親の意思にしたがったとしても、大学でなにかうまくいかなかったとき、気に入らないことが起こったとき、親へ不平をいう、大学をこき下ろす、などなど、高3娘の行動が予想されます。

そこで、志望校の選択は、高3娘におまかせしました。

わたしは1浪、夫は2浪の経験があります。

でもそれ、バブル時代だからな、もうはじけてたけど。

いまは、安定堅実の地元志向、もともと女子は浪人をさけて推薦志願、実力よりも下の大学を受けて安全確実をねらう、って感じかと思ったんですけど。

高3娘には、それ通じませんでした。

浪人生がいかにつらいか、高3娘は知らないんだよー。

いまのままだと、高3娘は確実に浪人するし。

指定校推薦じゃないから面談で話すことはない、勉強やっとけ

どこの大学でもいいなら、どっかに入れるけど、そうじゃなくて、そこの大学に入りたいっていうんだから、本人にもやることはわかっているはずだし。

わたしが勉強しろって、いうまでもないんですよ。

ということで、三者面談は無事に終了しました。

指定校推薦だと、先生もいろいろ話すことがあるみたいなんですけど、一般受験するっていうんだから、話としては「勉強何時間やってる?」ってことくらいでした。

わかりやすいな。

もちろん、先生は地元の、偏差値がほぼおなじくらいで倍率の低い大学をすすめてきました。

わかるー、その気持ち、わかるー。

でも、高3娘は、その大学に興味ないんですってー。

自分がえらんだ、あっちの大学がいいんですってー。

そしたら、まー、勉強がんばってー、ってことなんですよね。

クラスメイトが推薦で決まっていく中、クラスで数人しかいないであろう一般受験生として存在するだけのメンタルはおありか?

そんなのもあって、いまのご時世、安心確実な路線もあるよ、って話はしました。

でも、それでも、高3娘は自分のえらんだ大学に行きたいというんだから、じゃあ、あとはがんばってねー。

いろいろ、あちこち、さまよっていたけど、その大学に決まったみたいだから、へたすると、すべり止めすら考えていないと思います。

だって、そこ以外の大学に行ったところで、高3娘は不満なのだから。

そして、その不満は攻撃となってどこへ向かうの? 自分自身? 母親? 父親? 弟?

そう考えていくと、高3娘はそこにふさわしい学力の自分になって、それでそこの大学に合格するしかないんじゃないですかね。

ということなんだなー。

わたしがいっても、うるさがられるだけなんだなー。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました