水着を10数年買ったことのなかった40代主婦が気軽にプールに行けるようになった理由。

SNSフォローボタン

ども、カナヅチ40代主婦くまこです。

自分が泳げないコンプレックスから、娘と息子をスイミングスクールにかよわせました。

娘は小学校の6年間で、クロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライの4泳法をすべてマスターしました。

息子は目下、バタ足です。

さて、出産以前のわたしのプール歴はといいますと、独身時代に夫といっしょにいちど行ったきり、水着を新調することもなく10数年のあいだ過ごしてまいりました。

しかし、娘が小学校にあがり、スイミングスクールにかよい出しますと、状況は一転します。

夏になると「プールに行きたい」と子供がいうのです。

スポンサーリンク

子連れプールのなにがこまるって、水着に決まっている

40代主婦、子育て中、水着

40代主婦が子供を連れて、いっしょにプールに行くにあたっては問題があります。

いわゆる体型問題です。

子供をプールに連れていっても、自分は洋服を着たままプールサイドで見守っている保護者ママさんが多いです。

若いとね、ビキニとかね、あるけどね。

こちとら若いときですら、ビキニなんて着たことがないわけ。

できるだけ肌の露出を避けたいわけ。

日焼けとか以前にむだ毛とかむだ毛とか、毎晩、子供といっしょにお風呂に入っていて、剃るも抜くもやってられないわけ。

そもそも、わたし、毛深くてな。

そういうのがあって、カナヅチもあって、高校はプールのない高校を選んだくらいだし、学校の授業以外で、わざわざ友達とプールに行くなんて数えるほどしかない人生を送ってまいりました。

そんなわけですから、どうしてこの歳になって、毎年10回以上プールに行くようになったのか、ってことなのですが。


子連れでプールに行く主婦にやさしい水着の出現

あのね、主婦向けの水着にね、ウエスト部分のパワーネットとか、そういうのありますよね。

そういうことじゃないんだッ。

腹ひっこめたからって、どうってことないんです。

そういうことじゃなくて、もう全身かくしたいわけ。

わたしの場合、自分が泳げないし、でも、子供の見守り役として水に入れる用意をしておきたいわけなんです。

だから、水着の上に長袖のラッシュガードを着ています。

ラッシュガードの下に着ている水着は、脱ぎ着しやすいセパレートタイプの水着で、上半身は全開できるファスナー付きです

下半身はおととしから、ラッシュトレンカにしました。

真っ黒なラッシュトレンカの上に、長めのサーフパンツをはきます。

するとどうでしょう?

いやー、まったく、水着を着ている感がなくて、ぜんぜんへいき!

わかりますか?

思春期に水着姿になるのがすごくいやでたまらなかったわたしが、なにこれ、っていうくらい人目を気にせず、平然とプールに存在できるんです。

水陸両用のラッシュトレンカを購入するまえは、ひざ上までのレギンスをはいていました。

それだけでも、まー、ふともも丸出しよりはマシでした。

でも、それがおととし、思い切って水陸両用のラッシュトレンカと長めのサーフパンツに変えたら、もう普段着かッ、ていうくらい楽です。

子連れでプールに行って、自分もいっしょに泳ぐっていう人には、全身長袖はうっとうしいかもしれません。

でも、子供が小さいうちは、いっしょに泳ぐことよりも、子供の安全を見守るのがたいせつです。

だからって、自分が水着になるのは……と出産前に買った水着をまえにためらっているなら、まずは長袖のラッシュガードをおすすめします。

それからラッシュレギンス、ラッシュトレンカ、といったもの。

日差しが気になるなら、ぬれても大丈夫なサーフハットがあると便利です。

室内プールならともかく、屋外プールは天気がくもりでも日焼けします。

家族の中でわたしだけ、つばのあるサーフハットをかぶっていたら、家族とは日焼け具合が違いました。

そういうのがあると、子育て中の主婦をはばむプールへの高い壁がいっきに崩壊します。

だって、このわたしですら、毎年プールに行っちゃうくらいですから。

ではまたー。

トップへ戻る