モチに包丁で十字に切り込みを入れてみました。

豆もちイメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

実家のモチが好きな40代主婦です。

モチは、年老いた父の担当であるからして、あと何年食べられるかわからぬ。

ほんとうは、うまいもち米を実家に送って「これで作ってくれ」とたのめば、もっとうまいモチができるにちがいない、などと思っている。

帰省しない冬だから、モチがくるくるモチがくる。

 

まー、そんな前提がありまして。

実のところ、正月以外にモチを食べるのは邪道、と思っとります。

しかし、どういうわけか、息子が「モチが食べたいよう」と申すので、正月でもないのに市販のモチを買いました。←去年の話

スポンサーリンク

モチに包丁でちょっと切り込みを入れて、割る、割る、割る(4等分)

豆もちイメージ

息子は小2です。

息子にモチをあたえるときには、モチを半分に切っています。

焼き上がったモチを、ハシで半分に切る。

さらに半分に……、びよーん。

なかなかむずかしいものであります。

 

ところが、去年、正月でもないのに息子にねだられ、市販のモチを買いましたところ。

そのモチには、十字の線が見えるのです。

ためしにわたしが力を込めてみると。

お? 割れる。

 

たったこれだけのことで、モチが手で割れる。

焼くまえに、モチを小さくしておくのって、すっごくラクなんですけどぉおおおおおー。

ちょっと、これは、ひさびさに感動した40代主婦です。

みんなコレ知ってんの?

わが家だけ、情報が遅れているんですよね、きっと。

 

ということで。

この正月、冷蔵で保存していた分のモチは、包丁で切り込みを入れました。

自家製のおモチでも、包丁の切り込みくらい入りますね。

そして、切り込みを入れておくと、かよわき40代主婦にもモチが割れる、割れるぞぉおおおー。

 

それだけのことなんですけどね。

つぎのお正月にも、わすれずにモチに包丁で切り込みを実行したいと思います。

冷凍にしちゃうと、通用しないんですけど。

いや、来年になったら、息子も「もう、モチ切らなくっていいから」っていうかもしれないです。

 

それにしても、切り込みを入れるだけでモチが割れるとかー。マサカー

こんな単純なことにも気がつかず、おどろく日々です。

 

ではまたー。

 

タイトルとURLをコピーしました