受験関連のものを捨てはじめました。

勉強をしない中3娘、受験生 中学校のこと
中学生女子
スポンサーリンク

週末に、中3娘に確認して、受験関連のものを捨てはじめました。

わが家のけして広くないダイニングキッチンには、ささやかな受験コーナーができております。

去年からそこへ、高校のパンフレットやら進路に関するプリントやらを置いていました。

さて、春から中3娘のかよう高校が決まったいま、他の高校のパンフレット類はいらないな、と捨て活です。

スポンサーリンク

夏休みの高校見学で配布されたパンフレット

勉強をしない中3娘、受験生
中学生女子

去年の夏休み、中3娘は友達と、あるいはひとりで高校見学へ出かけました。

その内容は、とりあえずTOP校です。

中3娘の学力では、箸にも棒にもかからないところです。

公立高校はTOP校から順番に3校と、さらにすべり止めの私立高校1校を見学に行きました。

また、夏休みまえには友達の誘いを受けて、文化祭へ行った高校が3校くらいあったでしょうか。

中3娘がTOP校へ行ったときは、さすがに気まずかったそうです。スマナイ

中3娘「頭のいい子が2人来てた。なぜ、おまえがここにいる、って感じで見られた(気がする)」

娘よ、すまない、でも、TOP校がどんなものか、見ておいて欲しかったんだ。

ちなみに、中3娘はTOP校の校長先生のお話に感銘を受けておりました。

そして、つぎ、ちょい頭のいい子が行く感じの高校に行った中3娘は、「○○くんがお母さんと来てたよ」と報告。

校長先生の話の内容を、TOP校と比較して鼻で笑う中3娘。←シツレイ

身のほど知らず、とはこのことです、娘よ。

ただ、高校がちがえば校長先生の話もちがう、と聞いておいて欲しかったんですよね。

その後、中3娘はがんばれば行けるんじゃないの、という感じの高校を見学しました。

その高校に、先日合格したわけですけど。

がんばらなかったら、中3娘はそこすらあやうかった、と思います。

また、中3娘が見学に行ったときに見かけた生徒たちは、やはりその高校を受験しているんですね。

つまり、TOP校を受験したのは2人。

そのまま下げずに、受験したわけです。

思ったのは、見学した高校から下げることはあっても、上げることはない、ということ。

今年、TOP校は何人?

中3娘のかよう中学校からは、TOP校に例年5人前後合格している、という話でした。

しかし今年は、上位30人ほどがだんご状態になっていて抜きんでた子がいない、とも聞いていました。

それでも、まさか受験者数5人くらいはいるだろうと思っていました。

結果、実際の受験者数は2人。

中3娘によれば、高校見学に来ていた生徒2人だったそうです。

そうか、そもそも見学にも来ていないのだから、受けるはずもないのか、と。

減ることはあるとしても、増えることはないのだなァ、と。

中3娘には、「こんな機会あとにはないんだからTOP校を見ておけ!」くらいの気持ちで高校見学に参加させました。

当時もだけど、いま思い返しても、中3娘よ、よくぞ参加してくれたなぁ、と思います。

親が地元の人間じゃないから、TOP校のすごさとか、ありがたみとか、ピンときてないのかもしれません。

でも少なくとも、偏差値の高い高校見学は、自覚のなかった中3娘によい刺激をあたえてくれました。アリガトウアリガトウ

そんな、感謝の気持ちをいだきつつ、高校のパンフレット類を捨て活しました。

いやー、すべり止めの私立高校にも、その合格が中3娘の自信になったと思えば、はげしく感謝しております。

中3娘はいろいろな高校を見学させていただき、いろいろなお話を聞く機会を得て、成長できました。

にがい気持ちはひとつもなく、捨て活できるありがたみを感じました。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました