Rh-の40代主婦が献血ルームで成分献血をしようとした顛末記。

献血カード 40代の健康
スポンサーリンク

Rh-なので、ときどき献血している40代主婦です。

前回、子育てもひと段落して、15年ぶりの献血ルームでの400ml献血ができませんでした。

原因は血管の細さでした。

体重が10㎏も増えたのも、血管が出にくい原因のひとつ、といわれていたのです。

そこで、体重が50kg以下になったら今度は成分献血に挑戦しよう、と思いました。

現在、需要の少ない200ml献血は10代の方のみ、400ml献血は体重50kg以上と決まっているのだそうです。

つまり、40㎏台に体重を減らしたわたしの場合、成分献血しかできないんですよね。

でもって、今回もまた献血できなかったんですよね。

スポンサーリンク

成分献血は心電図をとる

献血カード

40歳主婦、人生初の成分献血への挑戦です。

タッチパネルで質問事項に答えて、医師による問診を受けました。

成分献血の場合、いっかい血液を抜いて、抜いた血液から必要な成分をとって、また身体の中にもどすため、心電図をとることになっているのだそうです。

はじめて知りました。

身体の中に血液を戻すときに機械の力をつかって戻すから、心臓に負担がかかるとの話でした。

正直、そのとき、ちょっとこわい、と感じました。

血管が細い40代主婦

そして、いよいよ血管の状態を見てもらいました。

そのとき、血管の細さが問題になりまして。

1人目、2人目、3人目、とかわるがわるわたしの血管を見ていただいたのですが。

ただ抜くだけの献血だったら、この細さでも採ります、と。

でも、成分献血は必要な成分を抜いたあとに、また戻すので、この血管の太さだと不安があります、という話でした。

おそらく内出血で青くなるでしょう、と。

というわけで、今回も献血はできませんでした。

Rh-だし、欲しいところですが、といわれました。デスヨネー

前回、体重が増えたから血管が出にくいのではないか、といわれていたので、やせてから来たんですけど、とコソコソお話しました。

すると、また50kgを越えたら、ぜひ400ml献血で来てください、といわれました。

400ml献血で抜くだけなら、この太さの血管でもやります、と。

あー。

献血はダイエットのリバウンド後に

あー。

担当する人によって、判断が変わるのは仕方のないことです。

前回は、1人の人が見て判断していたので、まー、そういうこともあるよね。

今回の方々は、すごくていねいに見てくださって、抜くだけならこの太さでも抜きます、って力強くいってくださったのでした。

あー。

また、いつか、わたしが50kgを超える日がくるのでしょうか。

あー。

できれば、そんな日は来てほしくない、と願っている40代主婦です。

今回、献血に行った日はわりとあたたかい日でしたから、血管は収縮のないベストな状態だろう、といわれました。

まだ50kgあるうちに献血ルームに行っておけばよかったなァ、と思いました。

でも前回、体重が多くてダメっぽい、といわれたから、もっと減らしてから確実に、と考えていたんですよね。

もしも、また50kgを越えたら、初の400ml献血のチャンスとして、リバウンドした自分を責めることなく、献血ルームに向かうことにします。

そして、その日は献血をことわられても、日を変えてまた献血ルームに足を運んでみる。

そんなふうにして、自分のRh-の血液を生かしてみたい。

まー、50kgになったらね。

まだ体重を減らす方向で日々過ごしているので、いずれおとずれるにしても、リバウンドはもう少しあとにします。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました