小5息子は気にする系男子。

台風が去ったあと、青い落ち葉 子育て
台風が去ったあと、青い落ち葉
スポンサーリンク

台風が過ぎ去ってから、とうとう外掃除範囲を増やしてしまいました。

いままでは、自分が住んでいるアパート棟のはじっこから駐車場入り口まで。

その範囲の掃除だけしていました。

駐車場の入口の反対側まで掃除していたら、きりがないじゃないですか。

あっちがわ、だーれもやんないんだもーん。

そんなわけでわたしは、あっちは無視して、こっちがわだけの掃除をつづけていました。

スポンサーリンク

小5息子、気にする

台風が去ったあと、青い落ち葉
台風後の道路、すごいよ

台風が過ぎ去って、わたしが外掃除をしているとき、小5息子がやってきました。

そして、わたしが使っていたほうきとちりとりをつかって、外掃除を始めました。

学校でも掃除はしていますが、たよりない手つきです。

小5息子の目的はあきらかで、音読後にヒカカツしたい、ということなのです。

この母には読めているのです。

さて、ちょうど駐車場の入口まで掃除をおえたとき、小5息子がいいました。

「あっちは?」

小5息子のいう、「あっち」とは、駐車場入り口の反対側です。

あっちはだれも掃除をしないから以前から砂がたまっているし、台風で枝葉があふれています。

「あっちの掃除はやってないんだよ。かあちゃんは、ここまで。だからおわり」

そういって、小5息子とともに部屋に戻りました。

それが、台風が来た日の話です。

それから2日たって、どうにもガマンできずに、わたし、やってしまいました。

自分たちの自転車を止めているスペースを中心に、駐輪場の枝葉の掃除をした延長で、道路沿いのたまりにたまった枝葉まで掃除しました。

ザザッ、とね。

小5息子、気づく

すると、ですね。

小学校から帰ってきた小5息子が、「今日はきれいになってたよ」というのです。

ちょうど、近隣の道路わきの草刈り作業があった日だったので、そのことかなと思いました。

「そうだね。のびてた草がみんな刈られてたもんねー。すっきりしたよねー」

「そうじゃなくって、道路の枯葉がなくなってた」

そうか、それ、かあちゃんがやったんじゃ。

まーねー、もともと、わたしが外掃除をつづけている理由のひとつに、自分の子供たちの通学路だから、というのがあってさ。

とくに小5息子の場合、きたない、くさい、に敏感なんですよね。

通学路沿いにゴミの収集場所があって、たまにカラスかなにかに荒らされていることがあって、息子はそういうのをとてもいやがるんですよね。

まー、それで、わたしの朝の掃除場所が広がってしまったわけです。

でも、小5息子の通学路だけだから!

角を曲がった先は、掃除しないからなッ!

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました