ハクキンカイロだから使い捨てません。

ハクキンカイロ 40代の健康
スポンサーリンク

いま確認してみたら、2018年の1月の終わりにハクキンカイロを購入していました。

そのときにカイロ本体とベンジンのセットと、ベンジン4本を買いました。

そして、いま、その最後のベンジンが終わろうとしています。

ということは、ひと冬3本くらいの目安ですかね。

ベンジンは2年前に買ったときよりもちょっと値上がりしていて、送料をふくめて考えると、1本あたり500円で買っている、てなことになります。

ひと冬、1500円?

カイロ代でコレって、高いのか、安いのか?

ただ、このあたたかさを考えると、使い捨てカイロよりも頼りがいがあるんですよね。

スポンサーリンク

カイロで内臓を温めろ

カクキンカイロ、HAKKIN

冬に、夫がわたしにたずねます。

「なんか、寒くい?」と。

そんなとき、わたしのおなかにはハクキンカイロがありますから、寒くないのです。

「おなかにカイロあててるから、寒くない。内臓をあたためてるとちがうんだよ」

「あ、そう」と、妻の同意を得られなかった夫は、あっさり暖房をつけます。

自分はこんなに寒いのに、なぜこの人は平然としているのか、寒さに強いのか、と思うとき、相手はおそらく防寒対策をしています。

学校行事などでは、それが顕著で、やたらと寒がる人はなーんもしてない。

学校の校舎って、冷え冷えとしているから、秋冬、さらには梅雨時のような肌寒い時期には、こっそりカイロが身を助けます。

過去記事⇒使い捨てカイロで冬の冷え対策、女性があたためるならココです。

女性なら子宮をあたためておけ、という過去記事をかいたころは使い捨てカイロ生活でした。

使い捨てカイロをまとめ買いするようになったのは、この10年くらいでしょうか。

そして、とうとう使い捨てにしないカイロ、ハクキンカイロを使うようになりました。

過去記事⇒ハクキンカイロを使いはじめました。

もともとは実家で祖母がつかっているのを見ていたのが、頭にあったからなのですが。

実際に自分がつかってみると、とてもあたたかく、ベンジンの注入も専用の便利グッズが付属していて、慣れれば簡単だし、とてもよいです。

ハクキンカイロ
ベンジンを注ぐときに使う便利な漏斗、回転させると中に入っていく仕組み

使い捨てカイロを使い捨てる日々

わたしが使用しているハクキンカイロのような、ベンジンを使うカイロを液体燃料式カイロ、と呼ぶそうです。

液体燃料式カイロは、エコ、と思うのはこんなときです。

使い捨てカイロをはがしたあと、1個2個とテーブルの上へ積みかさねる夫よ。

夫の分2個、娘の分2個、計4個あったらそれなりのかさです。

ちなみに使い捨てカイロが、可燃ゴミか不燃ごみか、の判断は地方自治体によってちがいます。

わが家の場合は、可燃ゴミとして処分しています。

使い捨てカイロを箱買いして、その重みを感じた40代主婦は、その後、それを毎日すこしずつ捨てていくと知っています。

使い捨てとはそういうこと。

すこしでもわが家のゴミを減らそうぜ、てことで、わたしはいまハクキンカイロ愛用中です。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました