密にならないサッカーから、あたらしいスポーツが生まれてもいいんじゃないかね?

密にならない、サッカー 小学校のこと
密にならない、サッカー

小6息子が体育でサッカーをした、というんですけど。

高2娘も体育でサッカーをした、というんですけど。

なんか、すごく、小学校がんばっているよね。

あたらしい、あたらしいよ、それは!

それは、あたらしい感覚の、あたらしいサッカーだよ!

むしろ、この機会に、あたらしいスポーツが生まれる予感!

と、40代保護者の心が勝手に盛り上がったので、書いておきますね。

※この記事を書いてから、すでにあたらしいスポーツが生まれていると知りました。⇒「NEW『ステイホームサッカー』の実験会を実施しました」(世界ゆるスポーツ協会)

世界ゆるスポーツ協会さんは、全体的に気になる感じの内容です。

こんなのサッカーじゃないよ!

校庭イメージ

かつて、高2娘が小学生の時代に、「イナズマイレブンGO」の映画を見に行って、わたしの心に残ったセリフが、上の見出しです。

小6息子が体育でやったというサッカーも、おおむねそんな感じ。

密になっちゃいけない、ソーシャルディスタンスをとらなきゃならない、苦肉の策なの。

自分の担当エリアがある

小6息子自身、そのサッカーのルールをすべて把握していない状態です。

そんな小6息子から、わたしと高2娘が興味深く、聞き出したところによれば、こんなコート割り。

密にならない、サッカー
密にならない、サッカー

あらためて見たところ、ゴールキーパーのエリアを書き込み忘れました。

それ以外は、小6息子の話をほぼ再現できた、と思います。

白部分と斜線部分で敵と味方に分かれている、とお考え下さい。

ドリブルはほぼなく、ほぼほぼパスで、基本はななめにパスしながらゴールをねらうらしいです。

外側の長いエリアは、補助的な、ボールがはみ出ちゃった場合の存在っぽい。

ルールとして、ゴールのひとつ手前のマスからのシュートで1点。

ふたつ手前のマスからは2点、みっつ手前のマスからは3点。

……って、やっぱり、コレって、サッカーといえるのか問題。

わたしも高2娘も「え、えぇッ?」となりながら、小6息子のサッカーの話を聞きました。

話をしている小6息子自身も、不慣れな新ルールのサッカーに戸惑いをかくしきれない様子。

まー、無理もない。

あたらしいスポーツの予感

はしにある細長いエリア担当がゴール近くまでドリブルをして、シュートするってなったらやりたい放題じゃん、と小6息子。

でもそれは、ルールで禁止されているかも、と小6息子。

サッカーの試合の初めにある、中央のボールキックはなくて、じゃんけんで勝ったゴールキーパーがボールをキックするんだって。

密にならないチームプレーのスポーツの可能性。

いまの時代だからこそ求められるスポーツのかたち。

もういっそ、あたらしいスポーツとして本気でルールを考えてみたらどうか、と思います。

競り合わない、接触しないスポーツ。

わが家の小6息子の場合は、ふだんのサッカーだとボールに触らないまま試合終了なのですが、このあたらしいサッカーではいやおうなく参加するはめになったそうです。

あたらしい生活様式を受け入れるにあたって、あたらしいスポーツが誕生してもいいのではなかろうかー。

過去記事⇒おはじきサッカー、息子篇。

一方、高2娘のサッカー

小6息子があたらしいサッカーについて話してくれた同日、高2娘も体育でサッカーをしたのだそうです。

その日は雨だったため、室内サッカーだったとのこと。

高校生のサッカーは、いつも通りのサッカー。

そして、サッカーボールを消毒したそうです。

その、消毒だけが、ふだんのサッカーとのちがい。

ちなみに、外でサッカーをおこなうときには、サッカーボールへの消毒はないそうです。

その理由は、外でサッカーをおこなうときには、土に汚れたボールを手で触らないからだと高2娘は言っていました。

ま、そんな感じで、いまどきのサッカー、いろいろですね。

たぶん、いろんな場所で、あたらしいことを試行錯誤しているのだなァ、と思います。

そして、そのあたらしいことがこれからのあたりまえ、スタンダードになるのかもしれないのです。

と、いうことですかね。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました