ネコよけに、ナチュラルテイストな感じの花壇をつくっています。

ねこイメージ 暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

あくまでも、ネコよけなので。

とくに、花を植える予定もないのだが、いうなれば花壇です。

野良猫のウ●コエリアになっている一帯を、ネコよけ花壇にする計画に着工しました。

いよいよ重い腰をあげた40代主婦です。

材料は、台風一過で拾い集めた自然素材。

過去記事⇒わたしはネコを愛するが、庭にウ○コしていくのはやめていただきたい。

過去記事⇒ネコよけに考えた。

スポンサーリンク

ネコよけ花壇の杭づくり、杭打ち

枝木、花壇の柵
ネコよけ、花壇づくり

枝の先は土に打ち込みやすいように、先端を細くとがらせ気味にしています。

夫がいうには、そういう作業をするにはカッターじゃ折れちゃうから、ナタじゃないと、っていうんだけど。

ナタは持ってないし、買う気もないし。

ナタ自体がこわいので、40代主婦はカッターです。

DIYの画像などでは、チェーンソーとか、電動工具を巧みにあやつっている姿を見ますが、わたしはそういうの、こわくてなァ。

カッターによる杭づくりで出た木くず
杭づくり、木くず

とりあえず地道に、拾ってきた枝で杭をつくって、杭を打ってみました。

この杭に互い違いにツルを通していくといい感じになるのです。

そういうのをPinterestの画像で見たのです。

しかしそれはどうやら、植物のツルを使っているらしいんだな。

ツルは入手困難だから、いまなら拾い放題のケヤキの小枝を使おうと思ったのですが、ポキポキ折れてうまくできませんでした。

そこで、さらに杭を増やして打ち込む!

ということにして、今度はちょい太めの枝を拾ってきて、愛用のハイスパイマンでななめにカットして先端にとがりを。

そんな作業をして、週末はグッタリ筋肉痛でした。

じつは庭づくりって優雅な行為ではなく、想像以上にハードな肉体労働的なアレコレですね。

すずしくなってきたし、ネコのウ●コエリアが日陰になっているときをねらって作業しています。

木の杭だし、土だし、杭を打ち込むっていっても、そーんなに音はしないだろうと思ったら、けっこう音が響きます。

そんな、新鮮なおどろきを感じつつ、ですね。

つまり、わたしはこういう作業が好きなのだよな。

でももうちょっと軽作業だとうれしく思います。

いま、台風あとの道路の枝木は片づけがままならない状態で、枝木も落ち葉も拾い放題です。

おかげで、わたしのなかにうずまいていた、木でなにかつくってみたい気持ちがグルグルまわっています。

ただ、直径4センチくらいの枝を切るのも、ヒーヒーいっている状態で、これが電ノコだったら一瞬かッ、と思わんでもない。

まー、お金をかけずに、時間をかけて、ですね。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました