ミニマルライフ

スポンサーリンク
持ちもの

化粧品の捨て活を終えてから3年たちました。

けっきょく、化粧品をフルセットで持ったことはないような気がします。 自分ではフルメイクができないまま、40歳の峠を越えました。 化粧しない女はなんと...
今の持ちもの

衣類の数を減らして思うことには。

この夏に、手持ちの服をさらに減らした40代主婦です。 半そで3枚、長そで1枚、セーター1枚、カーディガン2枚。 これが、この秋にわたしが着まわせる服...
私服の制服化

私服を制服化して選んであるから、朝に迷いがありません。

家族の洋服はともかく、自分の洋服の数は減らしています。 夫がTシャツを買ってくるのを横目に、わたしはTシャツを捨てるだけ。 そうして、この夏のおわり...
今の持ちもの

シンプルなもの、特徴のないものをえらぶ理由。

これからはさらに、シンプルなものをえらぼう。 40代主婦にそう思わせた出来事があります。 そう、かぶりです。 もろかぶりだったのです。 ...
昔の持ちもの

いま着る服と好きな服はちがいます。

捨て活わっしょいしたときに、自分の好きな服を捨てました。 必要な服、着まわせる服を残しました。 なぜって、服は捨ててもいいから、本は残したか...
今の持ちもの

夏のおわり、40代主婦のワードローブに追加したのはこのふたつ。

ワードローブっていうか、服は押入れにしまっている40代主婦です。 この夏は、服を捨てることはあっても、買いませんでした。 服を買わなかったのに、なに...
捨てたもの

自分でコントロールできるものだから捨てられます。

この世に生まれて40数年。 とりたてて、とんでもない人生を送ってきたわけでもなし。 さりとて、なんにもない生き方をしてきたわけでもありません。 ...
今日なに捨てた?

枚数にこだわらずに、とりあえず手ばなしてみます。

服って、ときどき思い出ジャンルになってしまうことがあります。 当時、ちょっと高い買いものだな、という記憶とともに買いました。 3年あまり、整体スクー...
私服の制服化

私服を制服化している40代主婦の秋はかさねるだけ。

私服の制服化といっても、あまりに服を減らしたためにいきついた果てが、そこだった、みたいな。 そのていどの、そうなるしかなかった制服化ですが。 ...
テレビのない生活

テレビのない生活、テレビを見ない生活。

家にテレビがない話は、わざわざ他人にいうことではないなー、と思います。 テレビがない話をすることで、投げかけられる疑問、質問、奇異のまなざし、それから、「...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました